ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2013年1月8日火曜日

犬の食事 できること出来ないこと

犬が病気になって、まず飼い主さんが見直すのが犬の食事であろう。

もちろんドライフード<手作り食(きちんと設計されたもの)であるのは疑いない。これは日常の食事でも同じことで、いまさら言うまでもない。

しかし、リンパ腫は食事では治らないよでも書いたとおり、食事に重篤な病気を治す力はない。
免疫向上・解毒とバカのひとつ覚えのように繰り返す自称獣医師や何とかクリエイターもいるけれど、腫瘍の場合、免疫はあげすぎてはならない。食事だけでがんや心臓病が治るのならば医者はいらない。つーか、心臓は筋肉なので、不可逆的な変化あるのみ。治ったなら、最初の診断が単なる誤診だ。

今までの経験で、食事で治すこと、軽快させることができるものは

■涙やけ(穀類アレルギーの場合。)、
■肛門付近・手足の指の間の毛色の変色。
■ストラバイト尿症(すでに巨大な石になっているものはムリ)、
また過栄養を改めるのを含めれば、
■肝臓の逸脱酵素(AST,ALT)の正常化(正常値内に収められるということ)
そして
■体重の調整。
■腎不全の進行を多少は遅らせること
■腸炎(よっしーの場合)

そのくらいです。

他の多くの病気については、食事(食材)の力だけで治すことはムリ。
上手く薬を使いつつ、ドライフード「よりは」負担にならない手作り食によって、身体を労わって治療が上手くいくようにするのがせいぜい食事にできること。

ペット栄養管理士がこんなことを書いていいのか、とも思うけれど、世の中の飼い主さんは過大な期待を手作り食に寄せすぎているように思う。
そしてサプリにも。
めっちゃ高価なサプリをたくさん与えて安心している人が多いけれど、それを代謝する肝臓は大変なんだってことに気づこうよ。

再燃や進行が遅いのは、単に年取ってるだけ。犬が年寄り=代謝が悪い=がんの進行が遅い、っつーだけのこと。サプリのおかげではないです。人間でも高齢のがん患者は生存期間が長いのと同じこと。
犬が摂取しやすい食材からごく普通に食べさせてやっていればよし。
もしくは腫瘍のタイプ。最近はリンパ腫も非常に細かく解明されてきています。これはそのうち書くつもり。

もちろん、ドライフードは消化も悪く水分も少ないからあらゆる病犬に向きません。これは大前提。

最近、自称獣医の術中にまんまとはまって抗がん剤治療をとりやめてしまった犬を何頭かみた。
そのうちのお一人のブログのコメント返しにあった言葉。
「何もしなければ4~6週間、、、何もしなかったわけじゃないのに」
あまりにも悲痛じゃな叫びじゃないですか?
この子は発症後43日で亡くなりました。消化器型だったようなので、長く生きることは難しかったかもしれないけれど、化学療法を試みれば3ヶ月くらいはもったかもしれない。
飼い主さんは自称獣医師の「絶対大丈夫、治ります」という言葉を信じたんですよ?
ナンなの、絶対って。医学の徒が「絶対」なんて軽々に言ってしまっていいわけ?


くれぐれも自称獣医@八王子の「リンパ腫は感染、除菌と吸入で治る」、なんて信用しないでくださいね。3週間に1度しか診察しない、しかも実際の犬の様子を見もしないで電話で診察料取る獣医師の言うことなんてどうして信じられる?写真じゃ犬の状態なんてわからないよ(とくに血液系のがんは外側に現れないから)。





じゃあ、なぜ人間にはしばしば奇跡みたいなことが起こるのか?

良くも悪くも人間は思い込める。私も70ミリもあった子宮筋腫を思い込みと生姜紅茶と湯たんぽで治した人間です。この精神の力って実に大きい・・・犬や猫にはできないんです。


闘病に向かう飼い主さんが、現実から目を背けず、逃げ出さず、科学の力を借りて、犬猫ほか全てのペットとともに歩かれることを心から願います。



うまうま食べて、検査もしっかり。
インチキ獣医にご用心。





38 件のコメント:

  1. リンパ腫のタイプによるでしょうね。
    イヌの場合、進行の速度で言えば低分化と高分化ぐらいしか分類はないですが、ヒトの場合、相当細かく分類されていますからね。

    でも、リンパ腫が感染である確率はゼロではないようですよ。
    リンパ腫を発症する原因となる菌はある可能性があるみたいです。

    返信削除
    返信
    1. 匿名1さん・・・下記の匿名さんと区別するために1とします。ご了承ください。
      ①何が、あるいは何をどうすることが、リンパ腫のタイプによるのでしょうか?
      主語述語を明確にしてください。

      ②リンパ腫が感染である確率はゼロではない・・・そうなんですか?!不肖こぎママ、浅学菲才の徒につき全くそのような菌の存在につき存じませんでした。ぜひ参考文献等ご教示ください。
      学術論文・英文で結構です。むしろ原著のほうがありがたいです。知己の腫瘍認定医に見せて意見を伺う所存ですので、ぜひ。

      削除
    2. 匿名1です。

      言葉足らずで申し訳ない。
      >再燃や進行が遅いのは、単に年取ってるだけ。
      これに対する返信です
      結局は生存期間はリンパ腫のタイプによると言う事です。
      年齢要因はヒトほどの高齢になれば重要な要素になりますがイヌの場合はそれ程ではありません。

      感染の可能性に関する資料は、日本で一番偏差値の高い大学の先生がまとめた資料に書かれています。
      コピーしてホッチキス留めした20ページほどの資料なので、一部の医師しか持ってないと思います。
      獣医師が持っているかどうかは不明です。

      削除
    3. 匿名1です。
      補足です。

      最初うちの旦那がリンパ腫になりました、その後飼い犬がリンパ腫になりました。地獄に二度落とされた気分でした。
      そのあと、もしかして感染した?と思い獣医師に聞いた所、それはあり得ないとの回答。
      しかしヒトの医師に聞いた所、その可能性もあると言う医師もいるとのこと。
      その資料によると特定のウイルスがリンパ腫となるB細胞を作り出すのに影響すると書かれているみたいです。
      わたしはパラパラと見せてもらっただけなので詳しくはわかりませんが、そういう説明でした。

      削除
    4. 匿名1さん・・・補足ありがとうございます。ご主人とご愛犬が立て続けにリンパ腫になったのですね。
      ご主人は完治されましたでしょうか?大変な治療を乗り越え、元気に過ごされていることを願います。
      東大の医者の書いた論文ということですよね。調べてみます。

      削除
  2. 自称獣医の術中にまんまとはまってしまった飼い主・・・
    こぎママさん、↑の事例以外にもご存知ですか?
    私は見つけることができませんでした・・・

    こぎママさんのブログに鍵コメで送信するにはどうやっていいのか
    わからず、今回は匿名の欄を選びました(^_^;)
    今月2日にコメントをいただいたものです。
    これでわかってもらえたかなぁ(汗)

    返信削除
    返信
    1. 匿名2さん・・・上記匿名さんと区別するため2といたしました。ご了承くださいね。
      2件知っています。このブログ、鍵コメできないんですよ。
      すぐにわかりましたよ。私、メアドを入れませんでしたっけ?

      大抵は急激に弱っていく愛犬の姿をみかねて、また化学療法を再開しているか、或いは泣き寝入り(選択した自分が悪いのだ、と自分を責めて)している方が多いのかもしれないですね。

      逆に、このインチキ獣医のおかげで愛犬・愛猫のがんが治ったと大喜びしているブログにも出会いませんね(苦笑)。。。

      削除
  3. いつもの匿名野郎です。おはようございます。
    自分も、出来れば菌?ウィルス感染に因る発症であるかも
    知れないエビデンスが欲しいです。PUBMEDを探しても
    見つかりませんでした。。。匿名1さん宜しくお願い致します。
    論文で願います。論文の場合には結構厳しい検査基準が設けられて
    居るかと思われますので。

    それとこぎママ、その獣医?の言う事を信じて抗がん剤を
    止めた飼い主さんが居るって事なんですか?!その詳細経緯は
    どこを拝読すれば宜しいでしょうか。。。これが事実だとすると
    人なら訴訟レベルでは???

    今回は匿名3?になるのかな?

    返信削除
  4. 言い忘れました、そうそう!!!病は気から、は犬には
    無いよね。ストレス性疾患、或いはストレスにより発症、
    悪化はあるだろうけど。。。
    匿名3again

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。そうですよ~、今回は匿名3さんです(笑)

      匿名1さんがヒントを与えてくださいましたので、調べてみようかと思っています。今も学術的に生きているのかな、その論文。やっぱり日進月歩なので、どんどん新しい説に塗り替えられていきますからね。

      いらっしゃいます。
      3件見つけてるんですが、2ワンはすでに亡くなっています。
      もう1ワンは・・・最近ブログを削除されましたがHP上で日記をつづられています。昨日、更新がなくて心配しています。

      「ずっとななが大好きです」
      http://zuttonanagadaisuki.blog31.fc2.com/
      コーギーななちゃんの闘病がつづられています。
      2010年6月頃からの記事です。このご家庭は実際に診療してもらったわけではなく、本によって食事のみ変更しました。化学療法も中断して。ただ状態が悪化してから化学療法を再開しています。
      「パピレオとひと休み。」
      http://papileo55.blog3.fc2.com/
      ごく最近ご愛犬をなくされたばかりの方です。
      闘病記録カテゴリから読めます。
      ほんとうにエセ医者に腹が立ちます。

      もうおひとかたはいずれ。

      削除
  5. 八王子のエセ医者は我が子を救いたく藁をも掴みたい気持ちの飼い主を騙す詐欺師だと思います。
    これを飲まなければ治らないと水道水より不味い得体の知れない水を売りつけるのも霊感商法と同じです。

    癌の食事管理は個体に寄ってどうなんでしょうね。
    手作りで長生きした犬、短命だった犬。
    悪性リンパ腫になりユ○ヌバで40ヵ月以上生きた犬・・・・
    年に関わらず抗がん剤も耐えられる犬、耐えられない犬、色々です。
    生まれ持った運命のような気がしてなりません。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん・・・匿名4さんということでお願いいたしますね。
      あのエセ獣医師は「これを飲まなければ治らない」というようなことまで言うんですね。びっくりです。その水が手に入れば成分分析にかけたいものです。霊感商法・水商売ですよね。。。

      がんの食事管理は多分手作り(きちんと計算されたもの)に軍配が上がると思います。ユカヌバ(とくにパピー)は非常によいフードです。うちも体重をつけたいときはユカヌバパピーを食べさせましたし。。。脂肪分が減らされてしまったのがなんとも残念です。
      話を元に戻して。生まれ持った運命はしかたないけれど(うちのブリーダーも言ってました)、その内容を変えることはできると思うんです。とくに食事と治療方法の選択は誰もができることではないかと思います。だから、こういうエセ獣医情報を色々なところから発信してほしいですよね。。。
      個人的には病気には負けてしまうことはやむを得ないことであっても、最後まで美味しいものを食べることができてほしいと願っています。

      削除
  6. 匿名3です。こぎママ、URL有難うございました。パピちゃんのブログをザッと拝読いたしました。。。涙無くしては読めずに途中断念を。又クリクリのお目々の可愛い子。。。あいつか八王子の詐欺師。もう一人の同じく可愛いこぎちゃんのは、その6月の記事の一個だけしか読めず。(カレンダーが無くて遡れずにそれしか読めて居りません。)はっきり解った事、まだ二人共若い、悔しいって事。悲しいです。パピレオさんブログに「リンパ腫が治った」みたいな本の画像がありました。。。
    しかしバイオレゾナンスってなんなんだろう?



    返信削除
    返信
    1. 読んでいただけましたか。あいつですよ。あいつ。
      こぎちゃんのほうは、PC画面左側にずっと投稿履歴が載っていますので、少々手間ですが、それをたどって読んでみてください。
      あの本、私も買っちゃったんですよ。捨てましたけど。よく読むとわけわからなくて。。。本当に感染だって言ってたんだ、とパピレオちゃんのブログでわかった次第です。
      バイオレゾナンス・・・わかりません。ご覧になっているかもしれませんが、ドイツの波動測定器メーカーのサイトのURLを載せておきます。
      http://www.rayonex.co.jp/

      削除
  7. 匿名3です。
    度々、恐れ入ります。可愛い可愛いななちゃんの読めました。。。
    けど辛くて断念。。。

    返信削除
    返信
    1. あ、入れ違いになりましたね。
      そう。ななちゃん、ものすごくかわいいんです。
      だからお父さんもお母さんも溺愛していて、なんとしてでも救ってやりたいって思ったんです。
      確かに食事は一番簡単に見直しできるところですが、治療をやめれば2,3ヶ月。
      本当につらいです。
      今日もまだ3番目の子の日記、更新がありません。。。
      ワリとまめに更新される方なので、これもまた心配です。

      削除
  8. あの~提案なのですが…
    とても興味深いせっかくのコメントなので、
    なんでも良いのでハンドル名使いませんか!?(^^;
    普段使ってるハンドルがお嫌なら別のハンドルで
    メールもURLも無記入で投稿できますよ…

    こぎママ、お久しぶりです。
    自分のブログのコメ返もまだなのに
    横ヤリ申し訳ないっす…(苦笑)

    病気になってから多大な期待を持って
    手作りにする飼い主さん本当に多いね。
    時々、みんな本気でそう思ってる!?って
    問いかけたい衝動にかられる。

    ストラバイトと体重調整は、実際にうちの短足ずで
    実証済だけど、腸炎@ヨッシーの場合が気になる!!
    今度おせーて(笑)

    ふーむ、リンパ腫感染説…うーむ…
    そうなると我が家の場合、アラレは平気か!?と、
    なってくるのだが…(/o\)
    その論文、私も欲しいぞ…っと…

    八王子のエセ獣医師の本、
    私、結構持ってるのよね~(苦笑)
    コレが、また、結構本は参考になることが
    書いてあることが、一部の人はひきこまれて
    しまうのかなぁ…って思う。
    私も一時は本気で受診しようと思ったからなぁ…
    まぁ、受診内容をよくよく確認すれば
    胡散臭いのが判ると思うのだが…
    余命宣告なんてされちゃうと冷静では
    いられないかもしれないね…(T-T)

    返信削除
    返信
    1. 匿名3です。
      普段、人様のブログってあんまり読まず、斯くして
      ハンドル名も無く。。。たまにほんの1,2拝読する
      ブログでは名前特に決めて居らずで。。。
      はてなんにするかな。
      これopen ID って所にメールアドレス入れるとマズイ
      ものなのですか?

      削除
    2. tenmamaさん
      どーもー。あーマジメにそう思ってるわよ、みんな。よっしーの場合はご飯ブログに書くつもりで、ママの了承も得ているんだけど犬・栄養・食事カテをみたらわかるとおり、エセ獣医師の手先ばっかりでうんざりこな私です。
      すでに通説となっていることも知らず、あれこれ書かれると、いちいち否定するのもバカらしくなってきます。
      リンパ腫感染説は最近、人間について言われているもののようで、EBウィルスというものが(これは幼少時にほとんどの人間が感染する)成人後に悪さをするようです。水疱瘡の菌が成人後免疫低下時にヘルペスを引き起こすのと同じようなもの・・・かな?リンパ腫・感染でぐぐると出てきました。
      ただ、論文ベースでちゃんとみたいよね。犬にEBウィルスが感染するかどうかもわからないし。。。

      八王子のエセ獣医師の本は2冊買いました。一番最初に出た本と、がんが逃げていく何とかです。
      一番まじめに書かれているのは最初に出した地味な本だと思われます。その後はプチ病気とか5色とか流行を上手に取り入れてるね。
      とうとう浜内千波先生(料理家)まで担ぎ出したときはびっくりしたけど(あ、全部立ち読みだから)。

      >私も一時は本気で受診しようと思ったからなぁ…

      ひえ~、てんちゃん、命拾いしたわね。あの治療?じゃ3ヶ月が限度よ。普通のBタイプでも。。。やってもやらなくても同じ。
      ネブライザーで吸引て、喘息の人とか、私も肺炎まぎわまで悪化したとき耳鼻咽喉科で毎回すわされたけど・・・リンパが腫れ上がっている犬に吸わせたって、ムダ。

      あのエセ獣医師、獣医師会に所属してるのかな?最近ちょっと疑問。

      Jちゃん、ものすごくやせちゃった(昨日、日記が更新されてました)。顔つきも悪い。。。もうやめてーーーーってカンジだよ(T_T)

      削除
    3. いやいや…私もアホじゃないから、
      八王子を受診しようと思ったのは
      最終的に抗がん剤が効かなくなった時に
      東洋医学で緩和させられないか…と、
      考えたからなのよ。
      リンパ腫の最期って壮絶な仔多いじゃない!?

      本は何冊か買ったけど、獣医師には
      その時まで全然興味なかったし。
      漢方とか、お灸とか!?そういうので
      緩和治療出来ないかな、と思ったの。
      で、よく調べたら胡散臭くて呆れたけど。

      Jちゃん、顔つき悪くなったねー(T-T)
      ちゃんと2食貰ってるかしら!?
      そりゃ、吸入すればこの時期、
      健康な人間でも楽になるって…(苦笑)

      削除
    4. >匿名3さん
      レスが大変遅くなりまして申し訳ありません。
      いいです、匿名3で。
      メアド・・・どうなんだろう。ちょっと自分で実験してみます。

      削除
    5. >tenmamaさん
      東洋医学は私も考えたよ。一応書いておくと、神奈川の越久田活子(ひろこ)先生、池袋の漢方の先生(ももちゃん@ももはる家がきっちりと体質改善したのよ)、岐阜の鷲津先生(鷲津月美先生@日本獣医生命科学大学のダンナさん)が代替医療研究のエキスパートじゃないかなぁと思います。

      Jちゃんのところ、今日はまだ見てない。。。顔つき悪いでしょ。側頭筋も落ちてしまって。1月初めはとても元気そうだったのに。
      相変わらず1食だけだよ。粗食にして効果があるのかどうかは人間でも意見が分かれるところなのにねぇ。。。もちろん過食・飽食はいけないだろうけど、体重増やして頑張らなくちゃいけないときなのに。

      吸入ってそうなのね。あたたかい空気?を吸い込むのかしら。

      削除
  9. 因みにその三番目の更新が途絶えて居る子のブログの
    書き手?さんへは連絡が付かないのでしょうか。

    ふと思ったのですが、似非獣医の詐欺に引っ掛かった
    って自分の子が亡くなった後気付いた時のショックって
    気が狂う程じゃないかな、って。。。
    この2名の飼い主さん方は。。。大丈夫なんだろうか。
    知らないなら知らない方が良いのかも、とか、否でも
    既に新たに迎えて居る飼い主さんは、それでも知った方が
    良いのか、とか人様どころではない自分が色々考えてしまいます。

    いつも思いますが、弱った人に対しそこに付け込むのは
    本当に卑怯。。。宗教でもそういうの有りそうですが。。。

    自分はけど、冗談ではなく今、病気の治るペンダントを買って
    下さいって言われれば、ローンを組んでも買いそうな勢いです。
    それ位皆、命懸けなのに。。。

    心から許せない。

    本当にリンパ腫が寛解ではなく、完治したのなら論文、
    学会発表ものだよ。

    匿名3

    返信削除
    返信
    1. 連絡をしようと思えばできますが・・・もう他人のいうことには耳を貸さないと思います。ブログ削除の原因は、「1日1食にする」というエントリーに私ともう一人のかたが「絶対にやめて」という内容の書き込みをしたせいなので。ただただ耳障り・目障りなメールだとしか思われないと。

      お二人のうち、お一方は気づかれて今まで誰も書いたことがない、エセ獣医師の診療報告をまとめられました。
      後悔と怒りと、絶望と、、、そういう気持ちなのではないかと思います。
      もうお一方は途中でみかねて今まで治療を受けていた獣医師に連れて行き、かわいいコギちゃんは1年半がんばりました。

      冷静でいるのはなかなか大変なことだと思いますが、このブログをももが死んだあとでも書いているのも、そういう方たちの検索にひっかかってほしいからです。

      知ったほうが知らないよりいいと思ってます。2度目の過ちはしないで済むと思われますからね。

      精神的にかなりきつい状況で「大丈夫、絶対治ります」みたいな言葉は欲しいですからね。でも、獣医師たちは出来ないことは絶対言わないし、最悪のことも告げなくてはいけない、そういう嫌なことも背負っているのに、調子がいいだけのエセ獣医師は責任を負うということはしないんです。

      そう、リンパ腫が完治した、という症例をお持ちなら、ぜひとも学会で発表されるべきですよね。それががん学会でも統合医療の学会でもどちらでもね。マスコミを上手く使って素人のみに訴えてくるやり方は卑怯です。許せない。

      削除
  10. 初めてコメントします。

    なぜ彼が長年も訴えられずに信者達に賞賛されてるのか不思議でたまりません。
    なぜ獣医でもない弟子みたいな存在が出張所として診察のような事を行っているのかも疑問です。
    素人がそんな事していいんでしょうか?
    本当に病気で苦しんでる飼い主をバカにしてるとしか思えません。本人達は真剣にやってるんでしょうけど。

    知恵袋などでも真剣に質問してる人に対して、やたら信者がその病院を勧めてますよね。
    病気を舐めるな!!!!!と言いたいです。

    うちのコーギーも腎不全で闘病中で信者してる人が、ことあるごとにフォトチェック推ししてくるので、つい書き込んでしまいました。
    やりませんけどね、そんなもん。
    冗談じゃないです(笑)

    返信削除
    返信
    1. こんにちは、コメントありがとうございます。
      えー、匿名5さんということでお願いいたしますね。

      そうそう、どうして信者たちに賞賛されているのか理解できませんよね。認定ビジネスで変な指導士?とやらを作り出したのですが、彼らは病気に対する食事指導などできないのですよ。
      お友達のワンちゃんがリンパ腫になったとき、以前食育講座で世話になった先生?指導士?に相談したら「私は病気の食事の相談にはのれません」だか「相談にのる資格をもっていません、獣医師に相談してください」だったかというお返事だったそうです。意味ないじゃーーーん。
      1級だったら相談にのれるのかしら?と興味津々でございます。

      あの出張診療所はナンなんでしょうね?バイオレゾナンスの機械は素人でも使えますから(医療器具ではなく、誰でもOKなのです)、要するにコンピューター占いと同じようなものなんですけどね、それを知らないでコロっと騙されるのね。
      あ、コーギーのコロちゃんが飼い犬だっつーのもイヤ。

      あれは腎臓も治せるんですか?向かうところ敵なしですよね、本当なら。。。

      コギちゃん、腎不全ですか。大変です。
      手作りご飯でしょうか?療法食かな?
      手作りなさっているなら低リン米というのがあるので検索してみてくださいね。人間の腎臓病用の食品のなかで色々役立つものがあると思います。

      削除
    2. 今気づきました。1級じゃなくて上級指導士って言うんだ~。
      ここに訂正しておきます。

      なんでも八王子で上級指導士向け?セミナーをやって、アップデートされた内容を学んだらしい。
      リンパ腫の治療について私もご教授願いたいわね。感染なんだというエビデンスもいただきたいもんです。

      削除
  11. 私も以前本を手に取ったことはあります。
    結局私がまめに作ることはできそうにないのでやめましたが。

    闘病している仔を持つ飼い主さんで治してやりたい、
    良くなってほしいと願う方々ほど悩み、
    体に優しいならってついつい流されそうになるのは
    解らないでもないです。

    癌は食事では治らないのは人間も犬も同じですね?
    犬リンパ腫の事を知れば知るほど抗がん剤ははずせない事もわかりました。
    体を元気にするための食事やサプリは◎ですね。

    こぎママさん本当に良くご存じで勉強になります(^^)

    返信削除
    返信
    1. 身体にやさしくて簡単、免疫向上、病気が逃げ出す、病気が治る・・・美辞麗句ばかりが並んでいますが、あの程度の食事では全然ダメ。病気も個体も千差万別、それぞれに合わせて設計して、ようやく身体を労われるかな・・・というくらいです。
      リンパ腫で化学療法を行わないで治すことは不可能といっても過言ではないです。

      身体を元気にするための食事は大切。サプリは・・・今出ている週刊文春にサプリの現状が出てますので、興味があったら立ち読みしてください(笑)。木曜日には新刊が出てしまうので、急いで~(笑)

      ももの病気で、たくさん調べましたし、私も食事好き・栄養学好きであれこれ人間用の本もたくさん読んだりして、自分の身体でも試してみたり・・・、日々勉強です。

      削除
  12. 八王子、数年前に通ってました。組織球肉腫で抗がん剤では治らないと投げられたから。Sさんは「治りますよ」と言ってくれたので。バイオレゾナンスも波動水吸引もサプリメントも、3週間に一度通ってました。結果は西洋医学の医師の宣告より少しだけ伸びましたが最期は苦しみました。先代が亡くなった後に迎えた子がリンパ腫になり検索してたらこのページにたどり着きました。彼は裁判にならないギリギリの言葉を選んでどうとも読み取れるあやふやな言葉で、患者にきを使わせます。どっぷり半年信じきって、愛犬が亡くなった後に目が覚めました。可愛そうなことをしました。

    返信削除
    返信
    1. 遅くなりました。ご訪問・コメントありがとうございます。今現在もリンパ腫闘病中なのでしょうか?もう随分古くなっているかもしれませんが、何か参考になることがあれば幸いです。
      S医師は本などもたくさん出していて、やはり露出が多い分、信用されやすいのだと思います。
      私が許せないと常々思っているのは、絶望している飼い主さんの気持ちに甘言をもって入り込み、最後に「この子次第だね」みたいなことをいって突き放す、、、というところです。匿名さんだけでなく、日本全国に被害者はたくさんいるはずですが、皆さん、医者ではなく、ご自分を責めてしまい、声をあげないんですよね。。。もし、匿名さんのそばでやはり腫瘍に侵されてしまったペットを飼い、S医師を頼ろうとする人がいたならば、S医師の本を求める人がいたならば、ぜひ「やめたほうがいい」と声を上げてください。

      削除
  13. こんにちは。八王子のその動物病院に来月初めて予約を取っていく予定の者です。先日ホームドクターに15歳のわんこが肥満細胞腫と診断され、現在では漢方と鍼灸で、二個あった腫瘍の一個はなくなり、もう、一個も細胞検査の時についた傷のかさぶたのみの状態になったと言われています。ただ、診断された当初、藁をもつかむ思いで八王子の動物病院の存在を知り、予約が取れたのが来月という状態です。

    正直、行くのを迷っていてこちらにたどり着きました。成功事例があまり見当たらないので、不安でいろいろ検索しています。バイオレゾナンス自体は確立された方法のようですが、、、悩んでいます。
    やはり、やめた方がいいでしょうか??(T_T)

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。コメントありがとうございます。
      漢方と鍼灸も効く子もいれば、効かない子もいるのですが、ご愛犬はよい効果が出ているのですから、とてもよい先生と巡り会えたことと、ご愛犬の生命力の強さを信じて今の治療を続けられるのが最善ではないでしょうか?
      15歳と高齢なので攻撃的な治療(抗がん剤や手術など)はしないほうがいいと思います。
      目標とするのはQOLの維持です。お散歩に行けて、自分の胃袋で食べられて、痛みがない、これがシニア犬の闘病での目指すところなのではないかなぁ。。。

      八王子は私なら行かないです。
      でも行かないことで後悔しそうなら、一度くらいは行ってみてもいいかも。
      話半分で聞いて帰って来るのであれば止めませんが・・・。

      削除
  14. お返事いただけて嬉しいです。ありがとうございます。悩みに悩み、日々いろんな方のブログを読んで悩んでいます。
    確かに、今愛犬は落ち着いていますし、3日前もドッグランで走っていたりしました。毎年冬には冷えから腰痛に悩まされますが、それも漢方と鍼灸で元どおり元気になります。おっしゃるように、合っているのかもしれません。

    愛犬の腫瘍がさらによくなるなら、と八王子への診察を申し込みましたが、処方されたお水でもし何かあっても相談しやすい環境ではないことも不安ですので、今回は見送る決心になりそうです。
    アドバイスいただきありがとうございました!
    それにしても、もっと成功体験ブログとか見つかればいいのになーと思いますね(笑)(T_T)。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは!遅くなってすみません。
      お気持ちが決まったようでよかったです。
      また迷ったり不明なことがあったりしましたら、ぜひコメントくださいね。食事などは私も大丈夫ですが、このブログにリンクしているチョコちゃんのママ(ちょこぽんさん)が研究に研究を重ねてますので、紹介しておきます(^^)

      削除
  15. わー!ありがとうございます!まさに食事のカロリー計算に困っていたところでした。是非拝読いたします。
    愛犬の肥満細胞腫ですが、二個あるうちの一つは消滅し、一つはカサブタだけの状態が続いていましたが昨日それもポロっと取れ、腫瘍は感じられなくなりました。目に見えないだけかもしれませんので来週検査をしますが、引き続き頑張ろうと思います!ありがとうございました!

    返信削除
    返信
    1. すごいじゃないですか。
      ちょこちゃんのブログにコメント入れると返事があると思います(^^)
      お魚と野菜多めで穀類少なめ、が腫瘍の食事の鉄則です。

      削除
  16. そうなのですね!まだ手作り食を始めて一ヶ月で、まだまだ勉強中です。お魚は、先日初めて火を通したサーモンやマグロやアジを与えた週があったのですが、アレルギーがでてしまい(T_T)。手足をメインにボコボコと蕁麻疹が出てしまい、病院でステロイドを注射してもらうと自宅に戻る頃にはきれいに引いてました。。直近に食べたのは火を通したサーモンだったのでサーモンが怪しいのですが、、怖くてお魚は控えてしまっています(T_T)。いろいろ勉強したいのでちょこちゃんさんのブログも熟読します!心強いアドバイス、感謝です!

    返信削除