ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2013年11月22日金曜日

水元公園にて。

秋を満喫ちう。

2013年11月3日日曜日

うふふ。。。

昨日(11月1日:金曜日)、とっても可愛いチョコさんとちょこぽんさんにお会いしましたー。
花背負って登場のちょこさん。


去年の11月に会って以来なのでほぼ1年ぶり。話が盛り上がって、楽しいこと楽しいこと(*^_^*)

幕張のアウトレットでランチ。食べたのはこちら。ピスタッキオ。ご飯、ボリュームがあって、とてもおいしいです。コーヒーとパンはお代わり自由です。平日ランチがお得♪


テラス席に陣取りましたが、快晴で暑いくらい。写真は前菜のお肉(ポーク)に釘付けのちょこさん。

最初は私のことを警戒していましたが、だんだん思い出してくれたようで(チーズの力はもちろん借りました)、どんどんいいお顔を見せてくれるようになりました。

話が楽しすぎて、食事のときのお写真はこれだけ。

その後お散歩しましょうということで、のんびりと海浜公園と、浜辺でお散歩しました。

いやー広いですね。たくさんモデルもやってもらっちゃいましたよ。

前回は西郷山でアウェイを感じ取ったのか、15分くらいで散歩終了になりましたが、今回は途中からスイッチが入ったようで、たくさん歩くし、走るし、すごーく犬っぽいちょこさんを堪能できました。







考え事をするちょこさん


いっぱい走って満足なちょこさん。

今、ちょこさんの病状はとても安定していて、こんなに走ったり飛んだり?できます。
この日がいつまでも続き、また一緒に楽しくお散歩できることを心から願ってます。

ちょこぽんさん、楽しい1日をありがとうございました。
ちょこさん、おばちゃんのこと覚えておいてね\(~o~)/

素敵なプレゼントもいただいたので、また改めて紹介しますねー(写真撮ってから紹介します)。

2013年10月29日火曜日

ちょっとおとなっぽくなりました(*^_^*)

ずーーーっと続きを書かなくちゃ、と思っていたエントリー。
そう、あのほやほやしていた子たち、3ヶ月をすぎ、かわいい盛りです。

女の子1頭はお迎え先が決まったそうです。

最近の写真を送ってもらったので、ご紹介。

女の子2頭

こっちを向いている2頭が男の子

右2頭が男の子、左2頭が女の子

大きくってしっかりしているカンジですね~。コーギースマイル全開でございます。
この子たちと暮らしてみたいかた、募集してますよん。
コーギーはお留守番が得意だし、遊ぶのもお勉強も大好きです。
共働きだとか、シングルだとか、あまり気にせずお問い合わせください、とのことです(飼い主様よりの伝言です)。

興味ある方は、コメント欄にコメントください(非公開です)。飼い主様に責任をもってお伝えいたします。

・・・・・

写真ブログ(やってるのよー、気持ちのうえでは)、実に久しぶりに更新しました。
こっちもみてね→こちら

2013年8月14日水曜日

緊急。北海道から大至急のレスキュー要請。

お盆ですね。ももは帰ってきてるのかな?気配がなくて寂しいです。
お友達のせんちゃん(ももの・・・甥)のブログに転載されていたので、さらに転載します。元記事はこちら。今まで交流のないブロガーさんだったので、コメントでご挨拶しようとおもったら、ヤフーにログインしないとコメントいれさせない、っていう警告が出たので、ご挨拶はしてないですが、原文そのままできちんと引用しております。

北海道の国道に放置。悪質な放棄だよね。
しっぽの会、なんで3頭もろとも引き取らないんだ~?
キャパがどうのこうのいうんだろうね(苦笑)。心底愛護団体嫌いなワタクシざんす。

残り2頭、はやく引き取り手が現れて、とりあえず命がつなげますように。
そしてよい飼い主さんにめぐり合えますように。

これをご覧頂いている北海道・東北方面のかた、よろしくお願いします!!!

2013.8.20追記

1頭に飼い主さんが見つかり、残り2頭もボランティア団体が引き取ったそうで、とりあえず命の危険はなくなったようです。
2頭にも素敵な飼い主さんが見つかりますように!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

昨日8月12日に北海道由仁町でコーギーが3頭保護されました。
3頭ともオスです。

 1頭は前足が骨折した痕があり 足を触られるのを嫌がるそうですが
とても懐いているようです。
 国道にキャリーケースに入れられたまま放置されていました。...
骨折のコーギーは その後、動物病院で診察を受けた結果
今、処置が必要な状況ではなく そのまま固まってしまった様子。
推定2歳くらいだそうです。
 
そのコーギーは長沼の「しっぽの会」の方が とりあえず引き取りました。
残りの2頭は由仁町の保健所に収容されています。
 お盆期間中ですが今日からカウントダウンが始まります。もう時間がありません。


 







  どうぞ小さな命に希望がありますように!(転載ここまで)

痩せてるし、爪伸びてるし、あんまりいい状態じゃないねぇ。。。尻尾付いてるし。
どこかの繁殖やか?北海道結構いるみたいだよね、繁殖や。

2013年8月3日土曜日

ほやほや~(*^_^*)

すっかり夏。

今日はとってもHappyなエントリーをば。

せんだってご紹介しました、Kさんのご愛犬が、7月14日無事に5頭の子を出産しました!

今日(8月3日)現在、母子ともに健康だそうです。

ベビコギの内訳は、男の子2頭・女の子3頭です。

このまま無事すくすく育ってくれれば、近日中に飼い主様の募集を開始することになります。

コーギー飼いたいと思っていらっしゃる方、また飼いたいというかたをご存知のかた、このかわいいベビコギたちも候補に入れていただけるとうれしいかも、です。

7月14日、出産当日です。

7月15日、生まれて2日め。
まだまだもぐらちゃんみたいですね。

コーギーとの生活、楽しいですよ(*^_^*)

詳細が分かり次第また、アップしますね~。

2013年6月16日日曜日

多肉ちゃんが~~~

盗まれました!!!!

日当たりがよい場所がいい(1日4時間程度日照がある場所)というので、アパートの花壇のところに置いていたんですけどね。。。公道と接しているところだから誰でも取ろうと思えばとれるけど。

今朝は雨をのせてキラキラかがやいていてかわいいな~と和みつつ出勤。

先ほど帰ってきたら(ほら、残業月80時間だから。)、かわいい多肉ちゃんがいなくなっていました。

春先、すくすくと伸び、一回り大きくなってしっかり根も張ってたくさんの芽を出していたのに。

だれだよ、どろぼーーーーーー

盗んだおまえに全ての災いよ、ふりかかれ!!!

口惜しいぞ。


なんかさ、、、ロムスチンてほんと効かないよね。これもまた口惜しいことこのうえなし。

2013年6月5日水曜日

夢の続き

前回(5月31日)、夢の話を書きました。

ももが子犬を生んで「飼い主テストに合格したら飼っていいよ~」とニコニコして言っているっていう夢。

そしたら翌日、なんと~、ももが小さい頃からのコーギー友達のKさんから丁寧なメールがきて、

「(前略)実は先日雌のL(仮名)に2回目のヒートがきまして、B(仮名)と交配しました。(中略)

まだ1ヶ月経っておらず、妊娠しているかどうかもわかりませんが、もし無事に生まれ頭数が多い場

合、チビこぎを引き取って下さる方がいるかが問題かと思っています。(後略)」

Lちゃん、BちゃんはKさんのご愛犬です。まだ1ヶ月も経っていないので、かかっているかどうかもわからないのですけれど、とっても楽しみ(*^_^*)

そのとき(上手くかかって、無事出産して、ちゃんと育った頃=秋頃)、私はいったいどういうふうになっているのか想像がつきませんが、ももが夢にでてきて、珍妙なことを言ったというのを併せて考えると、早速生まれ変わってくる気なんでしょうか?

飼い主テストってなんだ?→要するに、残業なしで月30万くらい稼げるようになれってことかしらん。。。。むん。

ちなみにKさんは、報せるかどうか迷っていたけれど、私のブログ記事をみて報せてくださったそうです。

とりあえず無事生まれたらベビこぎちゃんの写真を撮らせていただいて、お見せしますね~。

ああ、心が揺れる~。

もういっこ思い出した。ももが生まれたときも「うまれたからー」って甲高い声で夢に出てきたんだった。。。

2013年5月31日金曜日

ももちゃんあれこれ。

1ヶ月以上放置してしまいました。すでに関東地方、梅雨入りしてるし。

いやーもう、なんだかとりあえず仕事についてみたんだけど滅茶苦茶。準ブラックでございます。しかも前近代的で、仕事場にパソコンがございません。生まれてはじめてのサービス業ですが、1年後には辞めることを決意して、せっせと貯金生活でございます(深夜残業代とか一応出るんでね。だけど15時間勤務っていったい何?)。

で、パソコンあけるのも久々とあいなりました。


ももちゃんはこの1ヶ月のあいだ、多分2,3回(どうして回数が不確かなのかは後述)ママとコンタクトをとってきましたよ。

1回目は5月中旬。
お肌の老化に悩む私は、高分子コラーゲン(低分子じゃないです。高分子)をぽちっと購入し、それが届いた日。

クロネコさんがもってきてくれた、その箱をあけて、品物を取り出し、「おーきたきた、コラーゲン」とほくそえんだ瞬間、頭の中に

「こりゃーげんってにゃに?」

と響き渡る甲高い懐かしい(笑)声。もちろん私はコラーゲンの何たるかは一応知っておりますので、私の潜在意識じゃございません。
とりあえず、「こりゃーげんを食べると若返って美人になるのよ」と意味不明のことをお返事しておきました(頭の中でね)。

2回目は、その2,3日後。
変な夢を見ました。
ももがお産をしてちびさんたち6匹に授乳しながら、こっちを見てにこにこしていますので、「ももちゃん、子供生んだの?」と聞いたら、

「ママは2週間飼い主テストを受けて、合格したら、飼っていいよ」

とももが言うのです。「え~そんな~」と思ったところで目が覚めました。
これは、多分私の「コーギーの子犬が欲しい、でも飼えないかなぁ」という潜在意識が見せた夢だと思っています。だいたいももの発音と声じゃなかったし。

で、その翌日3回目。
夜、滅多に鳴らないケータイ電話がなるので、慌てて発信者をみたら、なんともものブリーダーさんでした。
で、世間話をしつつ、コーギーが家にいると楽しい、という話になったときのことでございます。

ブ「今、家の中に5頭いるよ」

こ「えーいいなー、うちにもも来ないかなー」

ブ「お・・・・・・」

こ「どうしました?」

ブ「今、思いっきりドアを閉めるようなすっごい音が・・・」←いわゆるラップってやつですね。花巻だけに座敷童子(ざしきわらし)かもしれないけど

こ「あ、ももですよ、それ。絶対ももが『ももも来たよー』って(笑)」

3つとも実話でございます。
ももは元気に私や周りの人たちのそばにいるようです。
でも、ホント、姿を見る力がないのが残念でならないです。

2013年4月24日水曜日

本の話

いやー愚図ついた天気が続きますね。
ぱっと晴れないものかしら・・・・。

で、そんなとき、ありがたいことに図書カードをいただいたので、何を買おうかな~と考えていました。

思いがけず2000円分の図書カードをいただいたとき、

1 日ごろから好きな作者の、まだ読んでいない作品を買う、

2 日ごろ全く興味がないけれど、ちょっと惹かれた作品を買う(自腹を切ってどうしても読みたいわけではないが、世間で話題になっているから読んでみたい本、などが考えられます)。

さて皆様ならどうしますか?


私も考えていたんですけれど、たまたま近所の本屋で、こんな本を見つけたので即買いしました。

柳田国男の遠野物語を京極夏彦が意訳したもの。

遠野物語は学生時代から何度も繰り返し読んできましたが、とうとう訳文つきになっちゃったんだな~という思いと、京極夏彦先生の文章は柳田國男の文章を損なわず、きれいだな~という思いを抱きつつ、読みすすめています。

岩手県遠野市に伝わる民話や言い伝えを、柳田國男が聞き取り調査した結果をまとめた本で、日本の民俗学の頂点に立つ本でございます。また、この美しく・怖い話を下敷きにして書かれている漫画もありますね~(今市子さんの漫画とか)。
岩波文庫の原典より、はるかに読みやすいので、民俗学に興味のあるかた、お勧めです。


2013年4月1日月曜日

グリーンスムージーその後

冬の間、ずっとグリーンスムージーを続けていました。

今日はその効果の発表でございます。

すごいですよ。花粉症が全くでません。もちろん効果には個人差があるのは重々承知のうえで敢えて書いちゃいます。
去年はくしゃみや、目の痒み、顔の痒み(花粉がくっつくから)があったのですが、花粉の飛散量が今年のほうが断然多いにも関わらず、今年は全然なし。

もうひとつ改善の原因かな、と思うものは、ずーーーっと食べ続けているヨーグルト。こちらも毎日食べているので。。。
ここ数年、ヨーグルトで徐々に改善されていたのが、グリーンスムージーとヨーグルトにしてから急激によくなったみたいです。

グリーンスムージーの前は、フレッシュジュース(果物をミキサーで搾って、ハチミツなど入れる)でしたが、グリーンスムージーにしてからのほうが効果が顕著な気がします。

ただ、グリーンスムージーの欠点、ただひとつあげるとすれば、私はこれを朝イチで飲むと、すっごーーーーく冷えてしまうのでございます。

公式本を立ち読みしたら、「冷える場合は、まず白湯などを飲んでよい」とあったので、白湯を飲んで温まってみましたけれど、やっぱり冷えました。夜にしょうが紅茶を飲んでいたのですが、どうなのかな。

そして、ここ1週間ほど忙しくて週末のみグリーンスムージーにしていましたら、なんと3キロもイッキに太ってしまいました。

私には確かに効果があるようです<グリーンスムージー

これからも続けようと思います。

唐突ですが、明日はももの一周忌です。月日がたつのは早いですね。

2013年3月20日水曜日

ジェリーちゃんのご冥福をお祈りします

ブログ削除後も、ずっとずっと気になって毎日日記を読みに行って、よかった、今日も生きている(元気だ、じゃありません、生きている、です)、と思っていた、コーギーのジェリーちゃんが3月19日のお昼ちょうどに息を引き取ったそうです。彼女は飼い主に看取られない死を選んだようです。

ジェリーちゃんへ
治療もしてもらえないで、さぞ苦しかったでしょう、、、あっちこっち腫れ上がった写真に五輪マークを描きこむ加工をされて「ソチ五輪?」とか飼い主???に記載されなくて済むよ。
自壊した腫瘍から漿液がでてきて身体がベタベタしてさぞ気持ち悪かったでしょう?
もう真っ赤に腫れ上がって眼底出血した目を隠すためにハート型の眼帯を書き込まれなくて済むよ(そんなのユーモアでも達観でもないよね。)。
目、痛かったよね。お腹も、喉も、あんよも。。。
一人でじっと耐えてきたね。
もう元に戻ったからね。元気でお空でボール遊びできるよ。

美貌でかわいくて賢いジェリーちゃん、安らかに。

飼い主は「今日逝くと思う」と両親に告げ、仕事にでかけたそうな。。。
休めなかったのかなぁ、最後くらい。最後と予想がついた日くらい。

ちなみに3月19日はもものお迎え記念日でした。もも、見かねてジェリーをお迎えに行ったのかな。そんな気がしてならないのです。
あちらにはみんながいるからね、いっぱい走り回ってください。

リンパ腫で闘病する仔を抱える飼い主の皆様へ。
マジカルパウダーや熊笹エキスでリンパ腫は絶対に治りません。必ず出来る限りの治療を受けさせてやってください。
どうぞどうぞお願いいたします。

ももと飼い主より。






2013年3月9日土曜日

自宅で家族に見守られて逝くということ

今日、午後1時ころ、リンパ腫で闘病中だったここあちゃんが旅立ちました。

抗がん剤(CCNU)の副作用からも解放され、ようやく少しずつ食べ始めたころの旅立ちでした。
(本日の午前9時には、私へのコメント返しを普通に書いてくださっていて、文字通りの急変だったようです)

この日、飼い主のWATASHIさんも家にいて、ここあちゃんの最後を見守ることができました。
ここあちゃん、何度かの危機を乗り越えて、11歳のお誕生日も、ママのお誕生日も、おひなまつりも迎えてから旅立ちました。
とてもとても親孝行なお嬢さんでした。


働いている飼い主にとって、自分がみていないときに、犬が逝ってしまうのではないか、という思いはもう恐怖に近い感覚で、常に存在しています。
けれど、十全な愛情を注がれてきた犬たちは、必ず、申し合わせたように飼い主が在宅しているときを見計らって旅立っていきます。

不思議だけれど、やはり、犬たちは自分で旅立ちのときを決めているんでしょうね。
そして、飼い主としては、つらいけれど、愛犬の最後に立ち会えるというのは無上の幸せなのではないでしょうか。

ここあちゃんにWATASHIさん・息子さんがどれほどの愛情を注いだかは、私の拙い文章で書くよりも、どうぞここあちゃんのブログをお読みください。


ここあちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。





ももと遊んでくださいね~<ここあちゃん。
かなりうざいけど(^_^;)

業務連絡

根岸で撮影した写真のCD-Rを本日、メール便にて発送いたしました。

到着は月曜日になる予定です。

今回はなんとなーく地味な画面のものが多いですが、今月からはいよいよお花の季節に突入。

写真に最適な季節の到来です(*^_^*)

また企画しますので、ぜひご参加くださいね~。

メール便には私信等は封入できないため、ブログにてお知らせいたしますこと、お許しくださいませ。

ではでは。





2013年3月4日月曜日

よっしーその後。

月日が経つのは早いもので、来月はもうももがいなくなってから1年になります。
まだついこの間までうちにいたような気がするし、今でもいるような気がするし、、、で、全く実感が湧きません。
もも、いってくるね、もも、ただいま~、は毎日言ってるしね。お骨に向かって(^_^;)
そういえば、最近は気配があんまりしないのは、私が気づかなくなってきているのかな~?

土曜日(2日)は、よっしーのママと会って、よっしーの現状報告を頂きました。PCが壊れちゃって、表を送れないというので、じゃあランチでも。という流れです(笑)

写真は撮ってないけれど、いつもの喫茶店でいつもの大盛。それで足りなくてハニートースト1枚をデザート代わりに食しました。ふふふ。

よっしーは不溶性繊維を減らしたご飯を食べさせたところ、今度は便の量が減ってしまい、ボール状のコロコロしたやつが少ししかでない、または1度の散歩では出ない、、、というメールを途中で頂いていまして、、、
しかも、不溶性繊維(かぼちゃとさつまいもの量を減らしました。ゼロじゃないんですよ)を減らした食事を出したら、完食はしたものの、「これ、違うんじゃないですか?」という顔をされた、と。

よっしーはさつまいもとかぼちゃが好きだったんだね。

で、飼い主さんとしては、元の食事に戻したい、ということで、1週間で元にもどして様子をみてもらっていました。

結果、最初は水分が多い便だったけれど、今は量・軟らかさもちょうどいい(ときどきはやや軟らかめ)になった、ということでしたので、元のご飯で継続してもらうことにしました。

1月21日からステロイドはゼロで継続中、この日(3月2日)からはアトピカも減量になったといううれしいご報告。このままアトピカもなくなるといいね~。

そしてよっしーのママからももへの頂き物。

お花です♪きれいだから拡大してみてね。
4月2日、会えるかどうかわからないから、っていただきました。
ありがとうございます。もものことを忘れないでいてくれてありがとう。

ほかに、バウムクーヘン(私の大好きなユーハイム)、和菓子を頂戴しました。

そして、ひとしきり犬談義を終えたあと、暴風吹き荒れる北千住の町に繰り出し、990円の上着をゲットして喜んだのでした。

・・・・そんな私に、大変なミッションがやってきました。これはまた今度。
いろんな意味で制約の多い仕事です。イラっとするけど頑張ります。



写真のピントの位置が違うような気がするの~。
写真をわかっていないママにポチっとお願いします。


2013年2月24日日曜日

根岸森林公園で遊びました(*^_^*)

昨日は久々に(って5,6年ぶりくらい?)根岸森林公園に行きまして、ワンコさんと遊びました・・・じゃなくて、カメラレッスンなどなどなどをいたしました。
ごろまるちゃん&のりっぺさん、ごろまるちゃんのお友達のMojo&Toiちゃん&トコさん、そして、アラレちゃん&tenmamaさん

皆さん、頑張って写真を撮ってましたよ~。
トコさんは最近購入されたというミラーレス持参されてました。

レッスンで、ファインダーを覗こうとしたら・・・ファインダーがない!!!!(汗
液晶をみながら、写真を撮るんですね~。

歴史的建造物や厩舎(乗馬やってました)があって、広々としていて気持ちのいい公園です。

乗馬です。カッコイイですね。

お気に入りの一枚。

一等馬見場?をバックに。力強い2ワンです。

アーちゃんとごろまる王子。

Mojo&Toiちゃんは、午後からしつけ教室へいらっしゃるということで、途中でバイバイ。
私たちはランチをしに、移動。
のりっぺさん推薦のお店、中華街側のFlowerというカフェへ。
楽しくうまうま&ミニ講評会しました。

アボカドとサーモンの丼。大盛だけど、私には普通です。お味はとってもおいしいです(*^_^*)

のりっぺさんが召し上がっていたもの。何でしょう。。。
tenmamaさんのは、ちょっと遠かったので、写していませんが、とてもおいしそうでした。

もちろん、デザートも後で頼みましたよん♪

時間が経つのがあっという間の一日でした。写真は楽しいですね~。

膨大な調整が待っているんですけどね。。。



写真の処理に終われるママにポチッとお願いしまーす。

2013年2月17日日曜日

2月14日は・・・

くうちゃんの13才の誕生日でした!

写真嫌いなので、写真はありませんが、無事に13歳を迎えました。

ただ、バリバリに健康かというと、こんな症状が時折現れます。

■急に背骨がごりごりわかるほどに筋肉がさがり、ふるふる震え、動けなくなる。

→豚でも鶏でも、生レバーを口につっこむと2,3日で改善します。

この症状が年に1回か2回ほど起こります。何の予兆もなく、ほんと、突然なので焦ります。
何かのミネラル類が摂れていないんだろうなぁ。。。

でも、グルーミングもちゃんとしてるし一応年齢相応なのかな、と思います(老化で死期が迫ると、猫はグルーミングしなくなります)。

■グルーミングしすぎて、ハゲる。

→チープなエサもストレスの一因だと思われます。あとは、すっごいワガママ猫なので、思い通りにならないと、勝手にストレスを感じるようです。

■常食がドライフードなので、体内がものすごく乾燥しているようで、水をすごく飲みます。

腎臓のせいじゃないと思うのは、お肉など少しわけてやると、飲水量が激減するからです。
今日は、私となかよくししゃもを食べました。

■白髪が舐めてはげたところに出ますが、いつもいつの間にか、黒色に戻っています。

→かなり羨ましいです。どうしてかわかりません。

猫の手作りご飯の研究をすることにします。ふむむ。

こんなサイトを発見→猫の年齢

猫の年齢13歳は・・・68歳、白内障などが出てくる年齢だそうです。ほほ~。
ちなみにくうちゃんは、歯は多分全部あります。ワクチンはやってません(拾ったときに1回、翌年に1回受けただけです。)。活発に動き回ってます。紙くずとかをチョイチョイして遊んでます。
医者は拾ったときに数ヶ月通院したのと、7歳のときに尿石で1ヶ月通院したのと、怪我をしたらしく連れて行って拒絶されたのと(クソ医者め)、、、、だけしか行ったことがありません。



主役はあたち。ももでちから~。
あたちにぽちっとお願いします。

2013年2月10日日曜日

毎日が日曜日

・・・だったらいいな~とほぼ毎日思っているこぎママです。

先日、いつものようにお友達ブログをつらつら読んでまわっていると、リックママさんのところで素敵な本が紹介されていました。


はなちゃんの夏休み

石田ゆり子さんのご愛犬はなちゃん(チョコラブ)から、糸井重里さんのご愛犬ぶいちゃん(ブイヨンちゃん、ジャックラッセル)にあてたお手紙がまとまった本『はなちゃんの夏休み』です。

はなちゃんは、
まいにちまいにち日曜日
まいにちまいにちなつやすみ。
冬になってもなつやすみ。
(本文5ページより一部抜粋)



そして、毎日がおやすみカレンダー。ぜーんぶ数字が赤字で書いてあります。

連休だけは毎日お休み。はなちゃんやぶいちゃんと一緒。のんびりのんびり。

寒い日、ワンコをもふもふしながら、読書もいいものです。
うちはもふもふがいないので、なめこ育てちうですよ。誰にも理解されないのが残念です。

ではでは。

はなちゃんの夏休みがほしくなった人はこちらです(リンク先はほぼ日です)。
アマゾンでも買えます、が、カレンダーが付きません。本をクリックするとアマゾンのページに行きますよ。
 

では、あと1日と半分くらい、よい連休を過ごしましょう。


毎日お休みだったらいいな~と思ったらぽちっとお願いします。
毎日おやすみのももでした。

2013年2月3日日曜日

軟便対策メニュー

今日は、先週相談されたよっしーの軟便対策でメニューを考えました。
といっても、前回の便秘対策メニューを改良して、食物繊維量を変えて、それ以外はほんの少しの変更を加えたものなんですが。。。さっき完成してメール添付して送りました。

今までは便秘対策メニューだったのですが、ステロイドを減量していくにつれ、なぜか軟便に。
(普通はステロイド使用中のほうが下痢するんですけど)

一応、腸がきちんと運動を始めた結果、食物繊維量が今のメニューでは多いのであろう、と良い方向に考え、食物繊維(とくに不溶性繊維)を今のメニューより少し減らしたメニューに変更した次第です。

さて、どういう結果になるか、1週間後にわかります。医者が診断できないことなので、どうしてもtry and errorになってしまいますが、よっしーのママはいつも一生懸命頑張ってくれてます。

変化がないようなら、LGS(腸管浸漏症候群)も視野にいれなくてはいけないかな。
ステロイドは神の薬。だけど、色々な病気を引き起こしかねない悪魔の薬でもありますね。

私もしっかりLGSについてもう一度勉強しなおさなくては。

ドッグフード(小麦粉がたくさん入っているおやつ、フードね)や、ステロイド・抗生物質を病気治療のために大量に使っているワンちゃんの飼い主さん、、、ご愛犬の腸が悲鳴をあげていませんか?


それと・・・犬は普通、朝晩のお散歩にでれば2回以上は排便します。
犬が便秘だ、とか普通に書いてあるブログを読むと心配になっちゃいますよ。
また、犬は嘔吐しません。「犬はよく吐くから大丈夫」というのはただの都市伝説ですよ。
サラダバーなんて気楽に構えていてはダメですよ。食事が合っていない可能性が高いです。




ご愛犬の食事相談、お待ちしてます。
5000円~です。


2013年1月28日月曜日

患者様!

最近は人間の病院でも患者に「様」をつけるのよね。
どういうつもりなんだか実際のところはわからないけれど、「様」をつけているんだから、それ相応に丁寧に扱おうという気持ちは持っているのだと思う。いや、勝手に思っている。

ときに、よっしーのママとか、その他私に相談をもちかけてくる方があまりに聞きたいことを医者(獣医師ね)に聞いていないことに驚く。インフォームドコンセントを持ち出す以前の問題。
よいですか?ワタクシたちは患畜様とその飼い主様なのだから、疑念があったり納得がいかなかったりしたら納得いくまで質問する権利があります。
それをうるさがったり、腹を立てて怒り出したり、カルテを開示しなかったりするような獣医師だったら、さっさと他の病院に替ったほうがよいかと思います。

大学病院でも同じ。

以下ひとりごと。

麻布のS田御大は年齢がいって、臨床も長くなって、随分とまるくなったと言われていたが、そうでもなさそう。エビデンスはないですよ(笑)。風のうわさ。
日本獣医生命科学大学や東大のほうがどうやらよさげ。

循環器なら同じく日獣の竹村直行先生。若きエース。
彼の名言は「中年とは、私の年齢プラス一歳をいう」である。
わかりやすい説明をしてくださる先生。もし、ももが老年まで生きて、心臓が悪くなったら、ぜひともお願いしたかった先生である。また腎臓でも第一人者。

ストラバイト結晶とシュウ酸カルシウム結晶が出る子というのは、間違いなく療法食を食べている子。相当ムリがあるフードってこと。まずはシュウ酸カルシウム結晶が出ないように治療をし、その後、ストラバイト結晶の治療を行うのがセオリー。
よっしーもそうだったけれど、ママを説得して完全手作りに移行してもらってからは、全くどちらも出ていない。やっぱりご飯は自然が一番だと思うのだ。
心臓・腎臓が悪い場合は低リン・低ナトリウム食で。腎臓には実は高たんぱく食がいいという説が出てきていて注目を集めているのだが、最近、とみに不勉強で(ももを口実にしてるかもw)その後を追っていない。


皆さん、ちゃんと獣医師に質問しましょうね!!!
納得いかなかったらセカンドでもサードでも他の先生の意見も伺いましょう。


ちゃんと質問しないと、病気がひどくなっちゃうのよ~(ももでした)。
ママなんて、結構失礼なこと言ってたわよ。

2013年1月27日日曜日

楽しく美味しくランチ(*'▽'*)

昨日はよしむね君のママと北千住でランチをしました(*^_^*)
喫茶室サンローゼ・・・その名のとおり絶滅しつつある純喫茶という呼び名がふさわしい喫茶店。


メカジキのキノコ添えバターソテー・ポテトサラダ・野菜サラダ・スープだよ。
ライスはもちろん大盛です。

全て自家製なので、しつこくなくケミカルでもなくよいお味。
これで650円(大盛でなければ600円)。飲み物をつけて850円です♪

お客様はスタバからは排除されたようなご年配の方ばかり。何時間でもいられますが、結構混んでます。

ところで、現在発売中のコギスタによっしーがたくさん載ってます。立ち読みしてね。
茶色が多いイケメンな彼です。

話題はよっしーの現在の状態やそれに合わせたご飯のこと。

その後は近くのダイソーに行ってちょっとお買い物。MUJIでもお買い物をして解散です。

さ、よっしーのご飯を考えなくちゃ。。。


メカジキ、ももは食べたことなかったかも?あら。。。

2013年1月16日水曜日

すぐにレスしまっす\(~o~)/

すみません。ここ数日、忙しくって(貧乏暇なしとは私のことさ)PCを開く前に寝てました。
ごめんなさーーーーい。
これからすぐにレスしますね。
とくに初めてコメントしてくださった方、申し訳ありませんでした。

1月16日午後6時までにいただいたコメントには全てレスいたしました。

ほんと、遅くなってすみませんでした(猛省)

2013年1月8日火曜日

犬の食事 できること出来ないこと

犬が病気になって、まず飼い主さんが見直すのが犬の食事であろう。

もちろんドライフード<手作り食(きちんと設計されたもの)であるのは疑いない。これは日常の食事でも同じことで、いまさら言うまでもない。

しかし、リンパ腫は食事では治らないよでも書いたとおり、食事に重篤な病気を治す力はない。
免疫向上・解毒とバカのひとつ覚えのように繰り返す自称獣医師や何とかクリエイターもいるけれど、腫瘍の場合、免疫はあげすぎてはならない。食事だけでがんや心臓病が治るのならば医者はいらない。つーか、心臓は筋肉なので、不可逆的な変化あるのみ。治ったなら、最初の診断が単なる誤診だ。

今までの経験で、食事で治すこと、軽快させることができるものは

■涙やけ(穀類アレルギーの場合。)、
■肛門付近・手足の指の間の毛色の変色。
■ストラバイト尿症(すでに巨大な石になっているものはムリ)、
また過栄養を改めるのを含めれば、
■肝臓の逸脱酵素(AST,ALT)の正常化(正常値内に収められるということ)
そして
■体重の調整。
■腎不全の進行を多少は遅らせること
■腸炎(よっしーの場合)

そのくらいです。

他の多くの病気については、食事(食材)の力だけで治すことはムリ。
上手く薬を使いつつ、ドライフード「よりは」負担にならない手作り食によって、身体を労わって治療が上手くいくようにするのがせいぜい食事にできること。

ペット栄養管理士がこんなことを書いていいのか、とも思うけれど、世の中の飼い主さんは過大な期待を手作り食に寄せすぎているように思う。
そしてサプリにも。
めっちゃ高価なサプリをたくさん与えて安心している人が多いけれど、それを代謝する肝臓は大変なんだってことに気づこうよ。

再燃や進行が遅いのは、単に年取ってるだけ。犬が年寄り=代謝が悪い=がんの進行が遅い、っつーだけのこと。サプリのおかげではないです。人間でも高齢のがん患者は生存期間が長いのと同じこと。
犬が摂取しやすい食材からごく普通に食べさせてやっていればよし。
もしくは腫瘍のタイプ。最近はリンパ腫も非常に細かく解明されてきています。これはそのうち書くつもり。

もちろん、ドライフードは消化も悪く水分も少ないからあらゆる病犬に向きません。これは大前提。

最近、自称獣医の術中にまんまとはまって抗がん剤治療をとりやめてしまった犬を何頭かみた。
そのうちのお一人のブログのコメント返しにあった言葉。
「何もしなければ4~6週間、、、何もしなかったわけじゃないのに」
あまりにも悲痛じゃな叫びじゃないですか?
この子は発症後43日で亡くなりました。消化器型だったようなので、長く生きることは難しかったかもしれないけれど、化学療法を試みれば3ヶ月くらいはもったかもしれない。
飼い主さんは自称獣医師の「絶対大丈夫、治ります」という言葉を信じたんですよ?
ナンなの、絶対って。医学の徒が「絶対」なんて軽々に言ってしまっていいわけ?


くれぐれも自称獣医@八王子の「リンパ腫は感染、除菌と吸入で治る」、なんて信用しないでくださいね。3週間に1度しか診察しない、しかも実際の犬の様子を見もしないで電話で診察料取る獣医師の言うことなんてどうして信じられる?写真じゃ犬の状態なんてわからないよ(とくに血液系のがんは外側に現れないから)。


2013年1月3日木曜日

かわいいお客様

クリスマスを過ぎた頃、我が家へかわいいお客様がいらっしゃいました。



お友達からいただいた多肉植物の小さな寄せ植えです。お友達・たまさんの多肉な日々はこちら


我が家に植物!!!大胆なチャレンジです。人間いくつになってもチャレンジですね(^_^;)
写真は本日(2013年1月3日)に撮影しました。

たまたま偶然にも!多肉ちゃん特集のやつが売られていました。105円♪
年間お手入れ計画や品種特性プリントもいただいたのですが、近所のブックオフでちょうど売られていた趣味の園芸(NHK)を買ってきて調べると、1日4時間以上の日当たりが必要と・・・(汗
小さな鉢をもってうろうろしてます。
昨日から本格的にお外デビューさせましたが、どうなることやら。
朝、写真を撮影したあと外に出したのですが、午後3時すぎにみたら微妙に葉がたれていて(開いちゃった感じ?)、徒長まつりへの第一歩を早くも踏み出したかとちょっと不安。。。

さて、買ってきた趣味の園芸。なんと2004年の9月号。ももが生まれる前のものなんですね~。
その頃から多肉ってブームが来ていたらしい。

上手く冬を乗り切ってくれますよーにー。

ところで・・・