ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年10月2日火曜日

半年。

ももがいなくなってもう半年。早いな~。
最近はさっぱり来ないけど、生まれ変わるための準備に入ったのかな?
もう一度、うちに来てほしいなぁ。。。

でも、犬を飼えるようになるまで、あと1年くらいはかかりそう。
その頃、おいで。

去年、9月21日撮影の写真。台風でも元気、元気で検診へ。さすがに雨が強かったので、ももみさんにつくっていただいたエプロンをしてます。



ももちゃん、元気~?とぽちっとしてください<(_ _)>

8 件のコメント:

  1. ちいこパパ2012年10月3日 10:55

    もう半年なんですね、ほんと早い。
    あの頃、毎日ここを読んで勇気をもらっていました。

    ここは、たくさんの情報が詰まっていて、今でも役立っています。他にも役立てている人たくさんいるんじゃないかなー。

    もうひとつのブログも犬飼いには役立ち情報いっぱいですね。
    玉ねぎについても、とても勉強になりました。

    それにしても時間の流れが憂鬱にさせます。
    再燃から今は何とか落ち着いた状態なので、
    今のうちに、どっか楽しい所へ連れて行ってあげたいなーとか思うのですが、何しろお金がないです・・・笑

    もし再寛解したらサリドマイドと休眠療法をと考えていましたが、実際に行うとなるとハードル高そうです。
    人間でも休眠療法が広がらないのは、実際導入するのは難しい面があるからのようです。

    こぎママさんは、ももちゃんが長期出張に出てから今の生活に慣れましたか?

    返信削除
    返信
    1. >ちいこパパさん
      こんばんは。
      このブログがお役に立っているのならとても嬉しいです。
      もうひとつのブログもご覧頂いたのですね、ありがとうございます。

      ちいこちゃん、落ち着いてくれてよかったですね~。
      犬は飼い主さんと一緒にいるのが一番の幸せで、一番の楽しみなんです。だから遠出をしなくても、お散歩時間に、色々お話をするとか、少し違うところに行ってみるとか、でもちいこちゃんにとってはとてもよい刺激になるのではないでしょうか。
      人間で休眠療法が広がらないのは、セクト(派閥)があること、結果にまだ揺れがあること、よって医師は積極的には関わりたくないからだと思います。
      大切なのは自分がどうしたいか、だと思います。そうすればおのずから道は拓けます。

      ももはいつもそばにいるし、いつも話しかけています。でも姿がないのが寂しいですね。妙に時間が余っているのですが、これがももが来る前の過ごし方だったんだな~と思うと、なんか不思議ですね。物足りないカンジです。

      削除
  2. てんも、最近気配がないのよ…
    アーちゃんも一緒に遊んでなさそう…
    ね、生まれ変わる準備に入ったかな?

    なんか、つい最近、
    『よくあの容態から復活したよねー』
    って話した気がして…
    (DICから持ち直した後ね)

    本当、またうちに来て欲しいね♪

    返信削除
    返信
    1. てんちゃんも来ない?
      いよいよ近いんじゃないの?きっともうすぐ帰って来るんだよ。楽しみだわ。

      小さくてころころしたてんちゃんがきっと来るわよ♪

      何か知らせみたいなものはないのかなぁ。。。ねえ。。。

      削除
  3. ももちゃんの着ているエプロンの柄見て\(◎o◎)/!

    なんと!ココアのレインコートの柄と同じなのです。

    これも一日違いで虹へ旅立ったご縁でしょうかねェ~

    いまだに着ていた洋服眺めては、ココアを思い出してます^^

    ももちゃん、世界を旅してるんでは?
    ママ、私忙しいのよ~なんて言ってるかも。

    ココアは3回目来ました~
    期待してなかったので(^_^)vデス

    返信削除
    返信
    1. ええ~\(^o^)/
      これはご縁ですよ。市販品と手作り品の布地が同じなんて、、、もう、布地を選んだところから何かがあるんだよ。びっくり~!!!

      ももは世界中、いろんな所に行っているかもですね。
      イギリスとか(笑)、女王陛下のコギちゃんたちに向かって、もものほうがかわいい、とか暴言を吐いてるかも(^_^;)

      ココアちゃんの3回目、それはなんでしょう。ぜひブログアップしてくださいね。

      削除
  4. 前もコメントしました。(ロムスチンとか講義の締め切りまでどうとか、虹の橋はどうの、とかの内容でした。あとママが美人だね、って言った、
    本人です。もう終わっちゃったけど、日曜の山の医者みたいなドラマに出てたナースの役の人に似てた。)毎日拝読しています。半年ですか・・ママは強いな。そして偉いとおもいます。見習わなきゃな。寂しくないワケないのにきちんと自分の環境をみて1年待てる、とか。ムツゴロウはペットロスの脱却?にはやはり動物を迎える事だって言ってたよ。長生きが幸せだと思わない・・犬の場合には特に。彼等は死への恐怖も無いのだろうし・・だけど・・もう少しでも生きて欲しかったと個人的に思います。良い子、良い人は早死にだって本当に思う。寂しいです。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん
      こんばんは。ナース役の人、、、誰だろう?
      毎日読んでいただいてありがとうございます。
      更新もあまりしていないのですけれどね。
      やっぱりいないと寂しいですよ。写真やお骨をみて語りかける怪しいオバサンです。
      この状態で、犬を迎えても不幸にしてしまいますからね。ようやく少しはやる気も出てきて自分のことも積極的に考えられるようになってきたので、1年くらいしたらまた子犬を迎えたいな~と思っています。
      動物は、死への恐怖は確かにないのかもしれないけれど、死を悟ることはできるように思います。
      私は、苦しい息で私の隣に入り込んできて、私が目を覚ますまでじっと見ていたももを忘れられません。
      ネコも外内半々で飼っていた頃には、死期を悟るとスっといなくなってしまいました。
      良い子・良い人は早死に、、、確かにあると思います。
      神様に好かれてしまうんでしょうね。
      獣医師さんも、「いい子ばかり難しい病気になってしまう」とおっしゃっていました。

      削除