ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年10月29日月曜日

秋の1日、コスモスにリベンジするも返り討たれる(T_T)

今日は、昭和記念公園にコスモスとコーギーを撮りに行きましたが、狙い澄ましたような雨。しかも本降りで、相当濡れる雨(T_T)
でも、一応決行。だって、入園料無料だっていうから小雨なら撮影できるんじゃないかな、と。

結果は惨敗です(涙)。一応調整して、見られる程度にはしましたが、やっぱり雨の日にコスモスや犬の写真は辛いですね~。バラみたいに花びらが厚くて、透過光を使わないものなら、また違うんですけどね。

tenmamaさんは、もうカメラは車の中に置いて、アラレちゃんのハンドラーに専念してくれました。

昭和記念公園、随分秋色が深まってきました。

葉が黄色くなってきました。

えのころぐさとレッドクローバーかな?
コスモスは素晴らしかったです。満開。せっかくの美しい花がぼやけてしまって、雨が恨めしいです。






アラレちゃんは雨のなかモデルさん頑張りました~。地面を見ていただくとわかるとおり、傾斜があって、ツルツルよく滑ります。tenmamaも、私も足を取られて大変でした。

横位置です。よく笑ってます。
コスモスは背が高いので、難しいです。
ママと一緒に。
ピチピチと雨を跳ね上げて歩く姿がかわいい♪
雨もどんどんひどくなっていくので、10時30分には撤収。私の18-200のレンズには水が入ってカメラが動かなくなりました(笑)。ので、レンズを50ミリの単焦点レンズに替えました。
tenmamaさんのブログでみて、行ってみたかったゼルコバさんへ。駐車場すでに満車\(~o~)/

入り口へと向かう小道。ところどころタイルが敷いてあります。
タイルです。シダが押してあります。凝ってますねぇ。
お店の外観。中も素敵でした。
ハード系のパンで、どれもおいしそ~♪♪♪お値段も良心的。中はカフェ部分もあり、今度お茶したい~とtenmamaにお願いしておきました。コーヒーもおいしいそうです。


私が買ったのはこの4種類。手前の塩ピーナッツバター(塩ピーとお店の人たちが言ってました。超人気商品みたい)は絶品。ピーナッツバターもお手製です。
それから、もうひとつの包みはいちじくとクリームチーズ、奥は季節の野菜パン、手前のはブラックカレント(からんと?)のブランデー漬けとクリームチーズ、、、だったかな。
既に胃の中ですの。

そして、tenmamaがパスタをササっと作って振舞ってくださり(すごい~)、ココアをいただき、あったまったところで、ドラマの大奥を見たりしてまったり~と過ごしました。

きのこのパスタtenmama風。奥はゼルコバのパン。
ワンコ写真が不作だったので、ちょっと遊んでみましたよ。

ノスタルジックで雰囲気いいですよね。使っている現像ソフトについている効果です。建物や町並みに使うといいかも。

次は銀杏です。11月下旬か12月上旬になりそうです。。。次回は晴れますように(祈)




雨のなか、頑張ったママにポチっとよろしく♪



2012年10月27日土曜日

秋の1日、カブちゃんを愛でる。

もう先週のことになってしまいましたが、10月21日(日)、ブログを通じてお友達になったひろみさんと、チャタさんの後にお迎えした3代目柴犬カブちゃんにお会いしました。
場所は大好きな水元公園。いつきても広々していて、のんびりできます。


初めましてのカブ山さんです。まんまるです。ボディはスリム。
本日はドッグランへ。私はドッグランは初めて。お天気にも恵まれていたので、たくさんのワンコたちが来ていました。

ゴールデンを気に入ったカブちゃん

よそのうちの子になっているカブちゃん。
イベントで大賑わいの駐車場。
ドッグランは色々な子がいて面白かったです。私はベンチに座って写真をパチパチと。ひとつも動かず望遠で撮って、それをトリミングしました。
4ヶ月のラブちゃん。かわいいのぉ~。

ボール大好き♪とーーーーくから撮影(笑)


ラブとウィペット1号


 
ウィペット2号
びっくりしたのは、ウィペットの耳のよさ。
ウィペット1号「なに?」
これは、ランの私のいる位置から反対側のランのへりにいるウィペットが、カメラの合焦音に気づいて、こちらを見たところ。用心深く耳が折りたたまれてますね。50メートルは離れております。他の犬は全然気づかないんですけどね~。音に敏感な犬種なんでしょうね。

この子、かわいかった~。

でも、ひろみさんと飼い主さんのお話を聞いていてびっくり。
ひ:「ゴマですか?」
飼い主:「いえ、○○なんです(聞き取れず)」

ええええええ、柴なのぉ~?柴?柴?

柴ですよ。
大きいし、絶対雑種だと思ったよ。ごめんね~。

柴ですからね。
のんびりとランで半日過ごしました。お土産に伊豆のせっけんと、チャタさんが掲載されたSHI-BAを頂戴しました。チャタさんのお話ももちろんしましたよ。アルバムを見せてもらったり。
1日も早く、リンパ腫が不治の病でなくなるよう、改めて思ったのでした。

※水元公園のランは、未去勢オスばかり。びっくりでした。
ひろみさん、とっても美しい方でした。写真もきれいに撮れてます(*^_^*)。お見せできないのがざんね~ん。


ももも水元公園だいすき~♪
これは菖蒲池のところで撮影した写真を
バナー用に使ってますの。



2012年10月21日日曜日

安楽死を考える

久しぶりの投稿は重苦しいタイトルになりました。
リンパ腫を初めとする完治のない病気、完治が難しい病気に罹患してしまった犬・猫の飼い主なら一度は考えておかなくてはいけない問題なのではないかなぁ。。。と思って。
(問題が大きくなりすぎるので、行政の殺処分には踏み込みません。)
最近はアニマルウェルフェアをなぜか犬猫にまで拡大していますが、あれは実は家畜の権利です。ペットじゃございません。日本では家畜とペットには歴然とした区別がなされているので、ペットに適用するものではないと思う。

やはりここは日本の法律判断が人間の安楽死についてどのような見解・判断をしているかをみなくてはいけないでしょう。

☆積極的安楽死☆・・・作為(為すこと)による死

世界初の安楽死要件を提示した判決として非常に有名な昭和37年の山内判決(1962.12.22、名古屋高等裁判所)。山内は裁判長裁判官のお名前です。念のため。

  1. 不治の病に冒され死期が目前に迫っていること
  2. 苦痛が見るに忍びない程度に甚だしいこと
  3. 専ら死苦の緩和の目的でなされたこと
  4. 病者の意識がなお明瞭であって意思を表明できる場合には、本人の真摯な嘱託又は承諾のあること
  5. 原則として医師の手によるべきだが医師により得ないと首肯するに足る特別の事情の認められること
  6. 方法が倫理的にも妥当なものであること
4と5はペットという性質上、4については意思表明できないゆえに、飼い主の真摯な嘱託または承諾と置き換えていいと思われ、5については、一般飼い主には倫理的に妥当な死を可能にする薬剤の調達は困難であることから安楽死の執行は獣医師の専権事項となることは論を俟たない。

その後、1991年に起きた東海大学安楽死事件判決(1995.3.28横浜地方裁判所)では、医師による積極的安楽死の要件が提示された。
  1. 患者が耐えがたい激しい肉体的苦痛に苦しんでいること
  2. 患者は死が避けられず、その死期が迫っていること
  3. 患者の肉体的苦痛を除去・緩和するために方法を尽くしほかに代替手段がないこと
  4. 生命の短縮を承諾する患者の明示の意思表示があること
4については、この承諾をペット自らがすることはできないので、飼い主が代行することになるだろう。

☆消極的安楽死☆・・・治療行為の中断により死亡させること。不作為(なさざること)による死。

これが大まかな線のようだ。これに、金銭的な問題がペットの場合は考えられよう。

当然、ももがリンパ腫と確定したとき、私もどこかでももの命に線を引かなくてはいけなくなるかもしれない、じゃあどこで引くのか、ということを考え、それこそリンパ腫末期はどうなるのかな~と色々と読みました。リンパ腫の治療法についても読みました。
結論は、麻薬でも痛みを抑えられなくなって、食欲もなくなって、眠るだけ(昏睡状態)で、回復の見込みが立たなくなったとき。でした。
ムリヤリ長生きさせようとすれば、かなり引っ張れるけれど、それは決して幸せな状態ではないと私は思います。
幸いというか、なんというか、ももに安楽死を選択することは避けられました。
残るはくぅちゃん。もうすぐ13才になりますが、高齢猫は腎臓で死ぬ子が圧倒的に多く、ゆっくりゆっくり悪くなっていきますね、普通。病院に行くと、たくさんの猫(19歳とか20歳とか)が腎臓病でやってきていましたが、症状が出るころには腎臓の3割しか健常ではなく、3年で生存率0になります。。。これはこれで思案が難しいなぁと感じます。猫は誇り高い生き物で、ずるずると生きるよりはとっとと死ぬことを選ぶから、ももの場合とは随分と違った選択や意思決定をすることになると思います。
と、今日は重たい話題でした。

どんな選択でも飼い主がしたことなら受け入れます、というありがたーいコメントを非常によく見かけますが、書いてる本人だってお分かりのとおり(わかってなくて本気で書いてるなら、リアルにバカですね、その人)、受け入れるんじゃなくて「受け入れざるを得ない」だけです。
人間が人間を慰撫するためにこねくりあげた珍妙な慰めです。



おうちの暖かいお布団のうえでで死にたいの~♪
百歩譲って、病院でもいいけど、みんな来てね。

2012年10月7日日曜日

秋の1日、昭和記念公園でコスモスとコーギーを愛でる

昨日(10月6日)、朝9時にtenmamaさんと待ち合わせをして、コスモスを撮影しに国営昭和記念公園に行きました。たまにはカメラも使わないとね。。。最近ロクなものとってないから(~_~)

が・・・・

なんじゃこりゃ~\(~o~)/



コスモスが一面咲き乱れているはずの場所はまだこんなカンジ(涙)
来週末くらいが見ごろでしょう、色とりどりのコスモスは。残念。
この日、私は50ミリレンズ1本しかもっていないため、早々にコスモスは断念しちゃいました。

でも、tenmamaさんと、アラレちゃんと一緒に撮影できそうな場所を探し回って、、、、見つけました。
白いコスモスが満開の場所。歩いた甲斐あって、よいお写真が撮れました(*^_^*)
フルサイズで載せてありますので、よかったら大きくしてご覧くださいね。
光に満ち溢れて、すごく素敵~と自画自賛しておりますw
お花畑の写真は全て、レンズはtenmamaさん所有の55-200というレンズを自分のカメラにつけて撮影しました。
いやー、このレンズ、レンズキットについているレンズなんですけど、ものすごく描写がきれいで、前ボケも美しい♪進歩するのよね、レンズも。。。私の18-200も買った当時はすごく評判のよいレンズで、世界中で大ヒットしたんだけどなぁ。ニコンは技術力を惜しみなくつぎ込むからね。


終始ニコニコしていたアラレちゃん


はは~♪
はは~♪はは~♪だいすき~♪
思えば、ここは満開の菜の花のもと、てん君を撮った場所でもありました。ちょっとシンミリ。
そしててん君が一生懸命歩いた場所で、この方は・・・
ボール投げを楽しみました

結構暑かったので、撮影会終了後、、、ソフトクリームをいただき、アラレちゃんもお相伴。
そしてこのお顔
うまーーーーーいbyアラレ
どうぞアップにして見てください。

11時30分を過ぎると、公園がとても混雑し始めたので、私たちは早々に撤収。
お腹空いたよね~ということで、tenmamaさんお勧めのお店で少し遅めのランチをいただきました。
アラレちゃんも一緒。

オーブン焼きチキン、サラダ、フォカッチャ(お代わり自由)、飲みものを飲んでノンビリ~。
お料理もおいしくて、お店の人も感じいいのでくつろげました♪もちろんフォカッチャは2枚いただきました。
この方もね。
こぎママのところに行くと、すぐにもらえるデス。この笑顔さえあればラクショーです。
ここでゆっくりし、ten家に寄って、データをお渡しし(カードをコピーしてもらえば、CDとかメール添付とかわざわざしなくてもいいことにようやく気づいた間抜けな私)、まったりまったりしすぎてテレビも見てからお家に帰りました。。。清里のおみやげのソフトクッキーと、地元のおいしいパンまで持たせてもらって。今朝(というか昼)おいしく頂戴しました。
どーも長居してしまってすみません。たっぷりと日ごろのコギ不足を解消してまいりました。

これからの昭和記念公園は銀杏(有名ですね)、イルミネーション(関東中から人がきますね)と写真シーズンに突入するので、また一緒に写真を撮るお約束をしました。
ほんと、いつもありがとうございます、tenmama様。謝謝<(_ _)>


もももコスモスのなかで撮ってやりたかったな~。
今日も読んでくださってありがとうございます。
ポチっとよろしくお願いします<(_ _)>






2012年10月2日火曜日

半年。

ももがいなくなってもう半年。早いな~。
最近はさっぱり来ないけど、生まれ変わるための準備に入ったのかな?
もう一度、うちに来てほしいなぁ。。。

でも、犬を飼えるようになるまで、あと1年くらいはかかりそう。
その頃、おいで。

去年、9月21日撮影の写真。台風でも元気、元気で検診へ。さすがに雨が強かったので、ももみさんにつくっていただいたエプロンをしてます。



ももちゃん、元気~?とぽちっとしてください<(_ _)>