ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年6月24日日曜日

携帯出てきました。

一昨日、ドコモから見慣れない封書が届いていました。 開いてみると、携帯電話が拾われて警察に届けられたと。 日本に生まれて良かったと思える瞬間でした。 もちろん、ロックもかけてあるし、機種変更もしたけれど、 温かい気持ちになります。 落としたのは、千代田線の車内だったようです。 拾って届けてくださった方に心から感謝。

8 件のコメント:

  1. こぎママ さま

    突然のコメントおゆるしください。
    我が家の愛犬チョコが、リンパ節の腫瘍(6㎝大)と診断されました。現在2次診療の病院でCTをとり、細胞の検査結果待ちです。合う抗がん剤があればまだしも、無い場合も考えられ、その時の余命はとても短いものでした。

    今回、かわいいももちゃんとこぎママさまの闘病の日記をすべて読ませていただき、私の今迷っている食事についてのことなど、本当に参考になりました。これからも、何度も読み返させていただきます。
    そこで、ずうずうしいのは百も承知ですが、今現在貧血状態のチョコの食事についてアドバイスいただけないでしょうか?
    どこにご連絡すればいいかわからず、今回、コメントさせていただきました。

    スタバでおいしいキッシュとヨーグルトをうれしそうに食べているももちゃん♪チョコも、ももちゃんみたいに頑張るからね!
    遅ればせながら、ももちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

    返信削除
  2. >ちょこぽんさん
    チョコちゃんの具合はいかがですか?
    食欲はありますか?
    現在の貧血は、病気によるものと考えられます。
    ですから、食欲がない場合は、何でもよいから食べてもらうことが先決です。
    治療開始後、食べられるようになれば、自然に戻ってきます。

    その援護としての食材、ということで取り入れてほしいものは、豚肉、豚レバー、小松菜、卵、鶏レバー、ハツ、まいたけです。
    また、うちで何故か効果的だったものに、ラム肉があります。
    ももは、骨付きでバリバリ食べるので、この骨の髄が良かったのかもしれません。髄にはミネラルや血液成分がたくさん含まれています。鶏の骨よりも柔らかいです。
    骨付ラム肉をフライパンで軽くあぶり、表面に焼き色をつけます。この程度なら骨はまだ柔らかいので、骨ごと与えます。
    大変においしいものなので、丸呑みしてしまうタイプでしたら、ちょこぽんさんが骨の先を持ちながらゆっくりと与えてみてください。
    今現在は、腫れがひいていないため、まずは肉だけ与えてくださいね。

    検査結果が待たれますが、どのタイプでも抗がん剤治療はある程度の結果を出してくれるはず。
    ももがやったUW25は、もっとも効果があるといわれていますが、もっとも侵襲性も高く犬にもきつい治療となります。年齢や体力も考慮してプロトコルを選んでくださいね。

    なお、あまり医者は、言わないと思いますので書いておきますが、緩和治療として勧められるステロイドには、延命効果はありません。

    以上思いつくままに書きました。
    チョコちゃんがおいしいものをたくさん食べられますように。

    不明なところがあればまたコメントかメールください。
    メアドは、momobird0121@gmail.comです。

    返信削除
  3. こぎママ さま

    お返事ありがとうございました。本当にうれしくて、涙がでそうでしたが、そんな場合ではないと、まずはスーパーに走り、アドバイスいただいた食材を買ってきました。豚肉、豚レバーは考えてもいませんでした。一つ伺いたいのが、炭水化物についてです。今現在のチョコには与えない方がよいのでしょうか?今現在は、全体量の1~2割程度、お米をいれたりしています。

    実は、2次診療の病院で、プレドニゾロン5㎎というステロイド剤を1日1回半錠と胃薬を処方されています。というのも、10日間なにかできることはないのか?と医師に私が聞いたから提案されました。もしリンパ種であるならば有効かもと。今現在、呼吸も落ち着いていることが多く、食欲も(味覚がかわったのか、好き嫌いで食べなくなったものもあります)あります。あと、4・5日で結果がでると思うのですが、それまでの間、ステロイドを飲むことをどう思われますか?
    明日、地元のかかりつけ医にも電話してみようと思いますが、こぎママさまのご意見もうかがえたらさいわいです。

    本当にありがとうございました!

    返信削除
    返信
    1. >ちょこぽんさん
      ブログを拝見しました。まだ、病名が確定していないのですね。
      レバーは強い臓器なので、ごく少量を与えてください。
      炭水化物(とくに米、パスタ、パン)は病気が進行中には、与えないことです。
      代わりに、糖質を含むかぼちゃやジャガイモを使ってください。

      ステロイドは使ってよい、というか、それしかないと思います。
      長期連用していると、化学療法に支障をきたすといわれますが、10日ほどなら腫れを取って食欲を増進するメリットのほうが大きいです。
      ただ、ステロイドだけでは、いずれ耐性ができるので、病名が特定されたらすぐにその病気に合った治療をしてあげてくださいませ。

      削除
  4. キナコまま2012年7月8日 23:58

    こぎママさま
    先日はコメントをありがとうございました。
    3月、4月はかなりきびしい状況でしたが、おかげさまで何とか乗り切り、今は週1で抗がん剤を処方されていますが、美味しく食べられて、お散歩もできるようになりました。
    プレミアムロールケーキの効果は絶大でした。
    こぎママさんのブログには本当に励まされ、私の支えになっています。
    やさしい言葉もかけていただいて、ほんとに心強いです。
    これからもよろしくお願いいたします。
    ももちゃんは最近お家に遊びにきましたか?
    もし帰ってきたら、ももちゃんにありがとうって伝えて下さいね。
    こぎママさんがももちゃんと共に重ねてきた日々に少しでも近ずける様
    私もキナコとの日々を大切に過ごしていきます。

    ちょこぽんさんも頑張ってくださいね。

    返信削除
    返信
    1. >キナコままさん
      ブログが役に立って良かったです。
      食べられないときに、食べられるものをいくつか見つけておくと調子が悪いときに役立ちます。うちはももの食欲不振に振りまわされていました。
      キナコちゃんとままさんが愛情に満ちた日々を送れますよう祈ってます。

      ももは、ポルタ~ガイストももちゃんになって、たまにいたずらします。バケツを落としたり、鍋の蓋を落としたりしましたよ。
      一昨日は、久しぶりにネコを追い上げていたようです。
      はい、確かに伝えておきますね(*^▽^*)
      とても喜んでいると思います。

      また、コメントくださいね。キナコちゃんの日常など教えてください。

      削除
  5. こぎママ さま

    アドバイス、本当にありがとうございました。
    今日、新鮮なラム肉が手に入ったので、表面だけ焼いてあげたら、本当においしそうに食べてくれました。
    病名が確定するまで心は落ち着きませんが、体調が落ち着いている今、おいしいものを食べてもらって、治療に耐えられる体をできるだけ作ってあげたいと思います。
    こぎママさまのブログと、メールアドレスを心の支えにがんばります!これからも、よろしくおねがいいたします。

    キナコまま さま。
    優しいお言葉、ありがとうございました。
    キナコままさまとキナコちゃんにも、穏やかな毎日が続きますように!

    返信削除
    返信
    1. >ちょこぽんさん
      ラム肉、とても喜んでくれたようですね。
      がんと闘うと同時に抗がん剤とも闘わなければならないので、なかなか管理もたいへんではありますが、ママやご家族の愛情に、必ずチョコちゃんは応えてくれます。
      不安なことなどありましたら、遠慮なくコメントでもメールでもいいから、訊いてください。

      削除