ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年5月2日水曜日

1ヶ月

早いもので、ももがお空に行ってからもう1ヶ月が過ぎました。

自分のブログに出てくるももの写真を見ながら、かわいい〜と思っている親バカな私です(笑)。

やっぱりデジイチはきれい可愛く撮れますね。

記事を読み返すと病気本体よりも、食欲に振り回されていたことがよくわかります。

今年の2月からは厳しい日々だったけど、ももはいつも笑顔で明るくて。彼女の気立てのよさにどれだけ救われていたか、改めて思い至りました。
そんなももですが、オカルトチックにやってまいります。

一度め。帰ってきてみると、台所にももの毛のかたまりが落ちていました。

二度め。 これは気のせい、目の錯覚と言われるでしょうし、書くのも気が引けるのですが。

ゴミ袋の底と折りジワがももの顔になってました。耳をたたみものすごく怒っている顔。視線の先にはくうちゃんの食器が。。。
ぢつは、ももが使っていた陶器のお皿を(ももが死んでからは)そのままくうちゃんに使わせていたんですよね。台所で。
ちなみに未だに松戸市は紙のゴミ袋なんです。ご存知かなぁ。裏がパラフィン加工してあって、口を紐で縛って出すタイプのゴミ袋。
あまりに怖い顔だったのでたくさんゴミを詰め込んで形を変えました(笑)。

もう一つは寝息。
ある晩、ふと目覚めると私でもくうちゃんでもないもうひとつの懐かしい寝息が。すぴーすぴーすぴーと。3回ほど聞こえましたが、私がはっきり覚醒したらふっつり聞こえなくなってしまいました。
「あ、ママ起きちゃった」とか思ったのかな。
昨夜はダイレクトに足に乗って寝てました。
私は見る能力がないからちょっと残念です。


ももがいなくなって寂しいのはもちろんですが、実用面で困ったこと。
それはアラート機能がなくなったことです。
やかんと圧力鍋を焦がしてしまった。
とくに圧力鍋は火災一歩手前で、ガス台横に置いてあった何かが燃え上がりました。やかんの水で消火しましたがマジで怖かった。
いつも異変を察知して吠えて知らせてくれていたからね〜、改めてももに感謝です。

猫は役に立ちませんね。当たり前だけどさ。

3 件のコメント:

  1. アハハ♪さすがももちゃん♪
    ゴミ袋の折り目で出てくるとは!!
    さすが、こぎママの仔だよね♪

    いいね♪
    楽しい出現の仕方で、
    わくわくするじゃないですか~♪

    返信削除
  2. ゴミ袋のしわ・・・ユニークです。
    なんと生活密着型な現れ方なのでしょうか。

    先日、先代犬とよく行った公園にジェリーを連れて行ったら、
    入り口で、ちょうちょが1匹、ひらひらと出迎えました。
    「あ、アル(先代犬)だ~」と思いました。

    虹の橋からちょくちょく遊びにきてるんでしょうね。

    返信削除
  3. こんばんわ~ 
    1ヵ月早いものですね!

    ももちゃん何回も来てくれたって事ですか。
    こぎママさんのことが心配で現れたのかな?
    うちはまだ1回きり。。うらやまし~

    アラート機能って^^ 実はうちもそうでした。
    いろんな場面で知らせてくれましたよね。

    一日違いで旅立ったももちゃんとココア、仲良く遊んでるかな~

    返信削除