ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年4月8日日曜日

業務連絡

☆闘病中さま☆
ココアちゃん、残念でした。ももはちゃんとお迎えに行ったかしら。飼い主としては一抹の不安がありますが、それでも今頃はみんなで楽しく遊んでいて、そしてまたママのところにもふらりと顔を見せにくると思います。もももあれ以来来ません。楽しいのでしょうね(笑)
ブログ楽しみなのですが、認証がいるようです。
お手数ですがパスワードをメールで教えていただけますか?
よろしくお願いいたします。

初七日でした。

今日はももがいなくなって7日め。人間でいう初七日にあたりました。

ので、病院にご挨拶に行き、副院長先生とお話しました。

最後の日前日までとても元気だったこと、急に喉が腫れてしまい、月曜日にお薬もらいに行こうね、とお話したけど残念ながら間に合わなかったことなどをお話しました。
先生もやはり、ももちゃん、病院よりおうちで逝きたかったんでしょうね、という感想をお持ちでした。また、最後まで自分で食べていた、という話を聞くと、獣医師としては「(亡くなったことは)残念ではあるけれども、良かった」、と思うのだそうです。
亡くなった時期についても自分で選んだように思う。とのことでした。

飼い主としても一区切りついた感じがします。
写真上は今日のもも、下は本日のスタバメニュー。

金町駅は水元へ花見に行く人たちで賑わい、スタバは珍しく空いていました。バナナパンケーキです。おいしうございました。

そういえば、最後に病院でロムスチンを飲んだ日も、ももはスタバに行こうとしたのを、日もくれて寒かったので、また今度ね、って止めたんだった。連れていけばよかったなぁ(;_______;)

2012年4月6日金曜日

早速ももがやってきた

というか自分の立ち位置がわかってないというか。
2日の夜中、近所の犬(いつもよく吠えて、それにももが吠え返していた犬)の吠える声で目を覚ましたら(すごいギャン吠えでいつも目がさめます)、私のとなりでももがいつもどおり耳をピンと張り、首をすっと上げて声のする方角をみていました。いつもどおり枕に半身をのせて伏せをしています。今にも吠えそうに眉間にシワが(笑)。
私もいい加減なもので、「もも、吠えないよ」と言ってから、あれ?と見るといませんでした。
ももは首輪をしていませんで病気前のつやぴかももでゴージャスなフルカラーがきれいでした。
とりあえずもう一度寝ることにして寝ました。うすぼんやりした意識のなか、左膝のあたりにもものお尻がちょんと乗っている感覚がありました。
3日の朝、目覚めてもしっかりと覚えていたので夢ではないと思います。
でもその後は気配がありません。
闘病中さんちのココアちゃんをお迎えに行ったり、モモさんとお話したり、忙しいのかしら(^o^;)

2012年4月4日水曜日

ももの旅立ち

最後の写真です。本来配慮しなくてはいけないのですが、携帯投稿だと写真位置もトップにしか置けないので、ご不快かもしれません。
すみませんm(_ _)m


皆さんももと私にも暖かく優しいコメントありがとうございます。お返事しますのでお待ちください。
小さくなってしまったけどももはそばにいてくれます。昨夜はさっそく現れました(笑)。その話はまた今度。

最後のお話と、お葬式について書きます。

顔を枕にのせて私の方をみていたももの息はさすがに苦しそうで、嫌な匂いのするよだれで枕を汚していましたので、顔を拭いて枕も拭いてやりました。
ももは一生懸命私を見ています。私が感じ取った言葉は、「ママ、もも苦しいからお背中撫でて」でした。

ももの頬に私の頬をつけて、背中を撫でてやりました。ももは肩に顎をのせてました。本当に不思議だったのですが、撫でていると荒くゼェゼェしていた息が落ち着き始め、そのまま静かになったので?と思い鼓動を確認すると、もう拍動はありませんでした。逝っちゃったの?とももを腕まくらしている状態だったので、自由になる、ももを撫でていた左手でもものお尻のあたりをチェックするとお布団が濡れていました。
ああ逝ってしまったのだと思い、ケータイで時間を確認しました。
目が開いたままでしたので閉じようとしましたが、閉じません。見ていたいのだろうとそのままにしました。

さてこの間のお話ですが、何もしてないかも。ひたすらももの呼吸が楽にできることを念じていたように思います。
亡くなったことがわかってから、しばらく体を撫でてやって、長いことお疲れ様。えらかったね。ありがとうね、大好きよ。一緒に暮らして楽しかったよと語りかけました。

そのあと、お友達と犬舎に亡くなったことを連絡し、お尻を拭いてやってからコットンを詰めて、しばらくももと最後の朝寝をし、葬儀の手配をし、ももに持たせてやるご飯を準備しました。
鮭フレーク入りのおにぎり、ドッグフード、骨を外した茹でた手羽先肉。大好きなパンがないから、コンビニへ。

2つ入りのホットケーキを買いました。

よしむね君のママがももに会いたいとおっしゃってくださったので、葬儀にご一緒していただきました。
広島のももみさんからは、お花が。棺に入れてやってとのお話でしたのでありがたくいただきました。午前中に連絡して同日午前に着くなんてすごいですね。上の写真に写っている花束で、チューリップ、ガーベラ、ストックなど香りのよい春らしい花が可愛らしくももも喜んでます。

午後3時、お迎えの車が来たのでももを抱っこして棺に移し、お花を置いて完了。よっしーのママをピックアップしてもらい葬儀場所へ。

春の青空が一面に広がり、こぶし、桃、梅、雪柳、ミモザなど春の花を楽しみながらの最後のドライブでした。

葬儀場所で数珠と護り刀を持たせ、さらにももを守り続けてくれた赤いお守りを手首にかけてやり、ご飯を顔の回りに置いてやって、最後の別れを惜しみました。

よっしーのママにもたくさん撫で撫でしてもらいました。撫でてやると、どんどん顔が嬉しそうな顔になるんですね〜びっくり。


待っている間は、小さいももの写真をみてもらったりお話をして、お骨あげ。

一年抗がん治療したとは思えない白くてきれいでしっかりした骨だそうです。あと、歯と爪がすごくきれいに残りました。
そのあと、最寄り駅まで送ってもらい、晩御飯をよっしーのママと一緒に食べました。小さくなったももはバッグに押し込められ、大好きなカニクリームコロッケやチキングリルを前に手も足もでなくてキーキー言ってたと思います。

慌ただしく、悲しく、和やかに1日が終わっていきました。

もう少し続きます。

2012年4月2日月曜日

亡くなりました。

午前6時47分、ももが息を引き取りました。

それほど苦しまず旅立ってくれてよかった。

昨日は息は荒いものの、フードも完食し、手羽先を甘辛く焼いたものもねだって食べていました。夜に入り、呼吸が苦しそうで何度か寝る場所を変えて寝ていました。
撫でながらお話して、いつもだとがんばりゅって言うんですけど(そんなイメージが伝わってくるの)、昨夜はいつもの力強さが感じられず、もう逝きたいのかな?と思いました。
なので、ももの好きにしていいよ〜と言いました。
午前0時30分、嘔吐。午前4時30分、嘔吐。
足元で寝てましたが、私が寝ているときに移動したようで、息が隣で聞こえたので目を覚ますと、体はお布団の中に、頭をちょこんと私の枕にのせてこちらを見ていました。すぐに息づかいが変わり、少し舌を出して苦しそうにしましたが、静かにそのまま亡くなりました。

最後まで自分の胃でおいしく食べて、元気に歩けて、階段も登り降りできて(また上れるようになってました)、とてもよい死に方でした。
きっと和尚さんが守ってくれたおかげです。

さあ、飼い主はあとひとがんばりですよ。


お花などはご遠慮いたします。ももと親交のあったお友達、もものことを今日は思い出してね。

ブログを通してももを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

隣でもももありがとうと言っております。

2012年4月1日日曜日

7歳と4ヶ月

ももは今日7歳と4ヶ月を迎えました。

昼間は元気だったのですが夜10時頃から息が荒くなって水を頻繁に飲み、楽な体勢を探して体の位置を変えています。
昼間腫れ上がった顔は腫れが引きましたが、喉には相変わらず大福2個です。
呼吸も早いです。
が、ステロイドが効いてきたようで、ゴォゴォと苦しそうな呼吸音から静かな呼吸音に変わってきました。23時。