ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年2月16日木曜日

今日のもも

朝8時30分、面会に。点滴を外して寝る場所にいた。
鶏の茹でたもの、猫缶、パンを持っていったけれど食べず。
匂いをかいだら気持ちが悪くなったようで嘔吐。お水をすごく飲みたがるので制限されていた。熱があって苦しいのかな。ついでに朝の診察と治療も一緒に。
低分子ヘパリンを静脈注射。
体温は38度8分。昨日は39度4分だったので熱は下がる。
けれど昨夜少し息苦しそうだったとか。
じゃあママ行くからね、と言ったらすっくと立ち上がって抗議のポーズ。夜また来るからいい子でね、と言って仕事へ。
昼間電話。変わったところはないそうだ。よかった。
夜7時、時間外だけど面会。久々に院長先生と挨拶。「大変な病気になっちゃったわね。うちのしーちゃんの血をいれたのよ〜」とか挨拶とか。ちなみにしーちゃんは先生のご愛犬。ももとは同い年。先生とは一緒にしつけ教室でお勉強したのであった。思えばくうちゃんを拾ったときからのお付き合い。もう12年。長いな〜。
ももは食欲全然なし。
よゐこで点滴をしている。カモフラ柄の包帯がかっこいい。
18時30分頃血液まじりの嘔吐をしたそうである。静かに弱っていく感じ。ICUから出してもらうとまっしぐらに待合室につながるドアへ向かおうとする。
それはダメなんだよ〜と引き留め、30分ほど撫で撫でしたり話したり。普段は大嫌いなマッサージも気持ちよさそうにして眠っている。
受け持ちの先生と話す。
お水が大好きなので、水に病院にある栄養がとれる粉?を薄く溶いて出したけれど「これは水じゃないですね」と軽く見破られたそう。
うちのももは食べたくないときは絶対に食べない。明日は目玉やきを持っていくことにした。
退院は土曜日の夜。
それまでは低分子ヘパリンを静脈点滴で流してもらい、点滴液に栄養も加えてもらうことにした。
帰る間際、ももにわかるように「じゃあ、おるすばんよ」と言うと、それまで私の手に顎をのせてまったりしていたのに顔をあげて「嫌。おうちに帰りたい」という。
「もも、今日寝て、明日も寝たら帰れるからね。いい子でおるすばんしてね。ハウス」というと自分でケージの中に入っていった。

病院を出たら雪だった。ももに見せてやりたかった。

7 件のコメント:

  1. いい子だね、ももちゃん、いい子いい子、ほんとにいい子。
    ママの気持ちをわかっていて、またママに会いたいから、
    いい子して自分からハウスに入って行ったんだなと思うと、
    もう・・・がんばれ!ももちゃんっ!
    祈ってるからね。名古屋からもももちゃんがんばれパワーを送るからね。

    返信削除
  2. ももちゃん、いい子すぎてせつなくなっちゃうよ...
    ももちゃん、今晩ひと晩だけ。
    そうしたら明日はおうちに帰れるからね。
    ママにいっぱい甘えようね。
    何とか良い方向に向かいますように。
    祈ってます。

    返信削除
  3. ももちゃんへ
    ももちゃん本当に頑張り屋さんですね。そして、おりこうさんですね。
    早くお家に帰りたいよね。ママと、くうちゃんと一緒が一番落ち着くもんね。病院に居るのは寂しいけど、もうすぐ帰れるから、頑張れ!!ももちゃん!(^^)!

    返信削除
  4. まりん飼い主2012年2月17日 19:01

    ももちゃん頑張ってますね。
    今夜もう一晩お泊りなのですね。
    目玉焼き、美味しく食べられるといいね。
    ももちゃんの体調、少しでも良くなりますよう祈ってます!

    返信削除
  5. こてこなママ2012年2月17日 22:57

    今頃ちゃんと眠れてるかな。
    切なくなっちゃうくらい頑張りやさんのいいこさん。
    目玉焼き、食べてくれていたらいいなと願わずにいられません。
    明日の夜はおうちでのーんびりしてね。
    絶対良くなるように、元気玉送ります!

    返信削除
  6. ももちゃんの大変な様子とても気になってました。。

    黄疸はうちの仔も経験済、数値も良く似てます。

    入院したももちゃん、必ず良くなって帰ってくるはずです。

    こぎママさんもお疲れが出ませんように。

    返信削除
  7. さくらママ2012年2月19日 0:46

    ももちゃん本当に良い子。
    けなげな姿を読んで涙してしまいました
    きっと大丈夫、がんばりやさんだもん。

    返信削除