ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年2月9日木曜日

犯人はラリキシン(多分)

ご心配かけました。もも、復活しました。

まりん飼い主さん、ももママさん、みるきーさんコメントありがとうございます。

昨夜からの経過を書いておきます。

夜検温。38.5度。ものすごく嫌がる。下痢した後で痛いのかな、と思う。夜1時頃、何か欲しそうにするので晩御飯の残りを温めてやるが、警戒して食べず。中に入っていた鶏肉だけつまんで食べさせた。お皿はそのままにしておく。バターロールを半分恐る恐る食べる。多分お腹いたと結び付いているのだろう。
本当はラリキシンを飲ませるのだがやめる。
午前3時まで様子見。今度は深く眠っている。
午前5時、とことこ階段を降りる音。再び上がってきたももは鼻を舐めている。
置きっぱにした皿から野菜を半分くらい食べていた。

朝9時過ぎ、バター付きバターロールと野菜の煮たものを少し食べさせ、ラリキシンを飲ませる。午前11時、変な格好で座ったと思いきや、全部嘔吐。ぐったりと寝る。ラリキシン怪しい。
副作用について検索するがヒットせず。
夕方、病院に電話して副作用に嘔吐があるかどうか確認。吐いてしまう子がいるとのこと。
他の抗生物質と交換するから持ってきてほしいと言われ了解する。
夜と朝、飲ませるかどうかだが、何か言っていたような気がするが飲ませないことに決めた。
なぜなら、腹痛、嘔吐、食事が結び付くと、その時と同じ食事を食べなくなってしまうから。

夕方には目を覚ましてかなり元気になっていた。ももの記憶を塗り替えるために滅多に食べられないスペシャルジャンクフードを買い込んで与える。
夜7時30分、肉まん半分、オムライスデミグラスソースかけ半分(バター風味ケチャップご飯が美味)、デビフの牛肉角切りという缶詰一缶、鶏手羽先(生)1本(これは抵抗力が落ちてる今は本とはNGと見せた後で気づいたが遅かった)。
デザートにシュークリーム半分。
ビオイムバスター2錠。
今現在嘔吐もなく爆睡しています。あとは今日は出なかったうんちがよくなってくれればいいんだけど。下痢のほうはラリキシン投与前からなのでまだ楽観はできないけれど、食べられない状態は脱したので一安心です。
今夜の寝顔は昨夜とは別犬みたいに穏やかです。

1 件のコメント:

  1. 少しよくなって良かったです。
    私も調べてみたら、副作用に下痢・嘔吐とありました。
    それ以外にもよだれはすごくなったり、興奮したりとありました。
    抗菌剤なので、抗生剤でもやっぱりちょっときつい薬ですね。手術後の感染症まどにも使われるみたいです。
    抗生剤をかえたことで症状がよくなりますように。

    返信削除