ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2012年1月30日月曜日

余命

ももはとても元気なのに、今朝からまたがんが動き始め、喉にいくつかの膨らみが表れ、右の浅頚リンパ節(前からみた肩のところ)が4センチほどに膨らんだ。脇と膝窩リンパは変化なし。
もともと病院の日だったので午後イチで連れていき、血液検査。
骨髄抑制からも解放され、異常なし。貧血もなし。下痢嘔吐もなし。
先生からは「厳しくなってきましたね」との言葉。今後の治療をどうするか先生と相談の結果、ロムスチン単独投与にしました。
寛解率6〜7割、中央生存期間3ヶ月。
つまり余命は治療がうまくいって3ヶ月。
ステロイドのみの緩和ケアに移行するにはまだまだももは元気だし急速に弱る姿は見たくない。

とりあえずおいしいものをたくさん食べて身体の調子を維持しようね、もも。

うまく寛解してほしい。いや必ず寛解すると信じよう。

4 件のコメント:

  1. 頑張ってるこぎママさん&ももちゃんに、ちょっと涙ぐみそうになりました。
    ロムスチンですか。。
    うちの仔もおなじ抗癌剤で4ヶ月目に入りました。
    めちゃめちゃ元気なんだけど。。少し心配な部分もでてきました。
    同じ治療で1年過ぎてる仔もいて(同じ病院)わずかな希望を持ったりしてます。

    ももちゃんとても元気そうだし、必ず寛解すると信じてます!

    返信削除
  2. まりん飼い主2012年1月30日 23:32

    病気と共存しつつ元気に楽しくやってるな~と思っていただけにショックですね。
    でもロムスチンは効果の高い抗がん剤だし、いい具合に効果が出てまだまだ頑張れると信じてます。
    3ヶ月というのはあくまでも統計だし、ももちゃんは予想外の結果を出してくれると信じてますよ!

    返信削除
  3. ももちゃんの頑張る姿とこぎママさんの前向きな姿にいつも元気をもらっています。
    今回の記事はちょっとショックですが、ももちゃんが元気なら大丈夫。
    ロムスチンが効いて、余命なんて言葉吹き飛ばしてくれますよ!

    返信削除
  4. さくらママ2012年2月1日 0:51

    初めまして、いつも応援しています。
    うちのさくら(wコギ)は悪性度が高い乳がん→肺転移で今月初旬に亡くなりました
    8歳と2か月だったのですが、6歳5か月の時に発病して、抗がん剤
    を行ってもあと余命1年と言われ予定よりも長くがんばりました。
    癌の種類も、抗がん剤の種類も違いますが、食欲が最後まであり
    ました。
    ももちゃんも若いし食欲もあるし大丈夫!!!
    抗がん剤が効くことを願っています。

    返信削除