ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2011年12月31日土曜日

よいお年を

大晦日ですね〜。今年はブログもほぼ闘病一色になりましたが、ブログを通じて同じ病気で闘うワンコの飼い主さんと知り合え、励まし合って治療を乗り越えることができました。
以前からのワン友さんたちからは有形無形の援助をたくさんいただきました。
夏に四国に旅行したことはとても楽しい思い出です。
いくつかの悲しいお別れもありました。つらく悲しいですが、ももと私はまだもう少し一緒に病気と闘っていきます。

代わり映えしないですがももの寝顔です。
明日には誕生日から1ヶ月めを迎えられます。1日1日を楽しく大切にすごそうね。

皆様はご愛犬とどのような年越しをなさるのでしょう?
我が家は夜中に近所の氏神様にお参りし、甘酒を頂いて、来年の激闘に備えます。

それでは皆様よいお年を(^▽^)

2011年12月30日金曜日

圧力鍋

最近、圧力鍋でもものご飯を作っています。
短時間でできる上に、野菜にもよくお肉のうまみが染み込んで、野菜嫌いのももでも大量に野菜を食べてくれるので嬉しいかぎり。
鍋で普通に煮るだけだと、上手に野菜だけ除けるのよね┐(-。-;)┌
肉も柔らかくなって消化にもよいし。
ところがくうちゃんは圧力鍋で煮た肉は食べてくれません。
逆に野菜の味が染み込んでいるのが嫌みたいです。生肉所望だそうで。。。
めんどくさいぞ(-_-メ)

もものご飯〓
鶏もも、手羽先、野菜(大根、カボチャ、まいたけ、白菜)
ハーブ(バードックルート、ダンディライオンルート、レッドクローバー)
食べるときにアルファルファ、ケルプ、ローズヒップ、フィッシュオイル。

2011年12月27日火曜日

元気です。

ももはとても元気にしています。エンドキサンはなかなか観察のための時間が取れなくて24日、25日の投薬となりましたが、腫れが大きくなることもなく、また膀胱炎になることもなく、食欲も旺盛です。心拍数はエンドキサン投与当日に少し速くなりましたが2回め投与では平常と同じでした。前回はエンドキサン投与しても、ドキソルビシン投与後3週間すぎると調子が悪くなったのですが、今回はがんも弱っているようで、ももの体調がとてもよくちょっと安心です。
くうちゃんは25日には名前を呼ぶと返事ができるようになり、昨日(26日)には自力でご飯を食べられるようになり、一度食べ始めると、急激に空腹に襲われたのか、催促してニャーニャー鳴いていました。
今日は念のため再び生レバーを食べさせました。明日からは通常の加熱した食事に戻します。

口の中が舌苔と貧血?で白くなっていたのもきれいなピンク色に戻りました。
やはりドライはくうちゃんには合わないようです。

2011年12月24日土曜日

クリスマスイブですね。

掃除が終わらない部屋からこんにちは。
ダウンの蟻塚の後ろにはもものバリケン、その上によじのぼっているのはももです(笑)
何を思いついたのか、よくわかりませんね〜。

皆様楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。

うちはくうちゃんがまたおかしいので警戒ちうです。3日ほどぐったりとして食べません。強制給餌です。背骨がゴリゴリしています。ようやく今日からは歩いてトイレに行き、水を飲むまでに復活しました。
まだ食べたくないようですが、匂いは嗅ぐようになりました。。
心配しましたが何とか持ちこたえたのでまだ頑張ってくれるはず。
なんだかすっきりしない年末年始になりそうです。

2011年12月22日木曜日

おちびさん

ももと1日違いで治療を開始したおちびさんが冬至の日の今日、病院で息を引き取りました。

最期をみる覚悟のないものは動物など飼うな。命を軽んじるものは親になどなるな。

おちびさん、安らかに眠ってください。

2011年12月19日月曜日

今日は病院の日

本題の前に。コメントありがとうございます。

〉ルークママ(黒白茶)さん
犬に一番温かい場所を占領されてます。明け方には鼻で盛大に布団を持ち上げて入ってくるので寒いのよ。冷たい鼻が腕や首に押し付けられるし、こんな冬の風物詩が来年もあるといいなぁと思います。

〉まりん飼い主さん
一番いいところにぬくぬくと寝そべってますよ〜。犬猫が好む場所は風水的に気が通る場所で、もちろん人間にも快適な場所なんだそうですよ。

さて本題。寒くてぐずぐずしているうちに夕方になり一層寒くて参ったけどロングのダウンを着込んで病院へ行ってきました。
久しぶりに安静を解除されたももはジグザグに歩いて匂いかぎにマーキングで一向に前進できません。
1・5倍くらいの時間をかけて病院に到着。
血液検査を行いました。結果は良好。
白血球はちょー久しぶりに10400と1万超え。
好中球も8600と良好。血小板も398と基準値の範囲内に戻りました。
赤血球592、ヘマトクリット44.3、ヘモグロビン74.8と全てよし。

リンパ節の腫れも右脇のリンパ節だけとなりました。他は前回と一緒。左脇は今回は消えているようです。
なので晴れてエンドキサン投与。ほんとは今夜からだけど明日夜からのほうが仕事の関係上時間がとれるので明日の夜からにしちゃいます。

☆本日のお薬☆
エンドキサン
バイトリル(こうせいざい)
ビオイムバスター
プロナミド(消化管機能改善)

次回はミトキサントロン投薬予定です。26日だけど仕事の都合によっては31日になるかも。。。
ドキソルビシンと同様に点滴を流しながらの投与になるので3時間くらいかかるそうです。
がんばれもも。

頭寒足熱?

極楽極楽。
写真がよくないですが、すやすやお休みのもも。じつは頭の下には湯タンポがあります。快適だそうです。
私の足が乗せられません。

2011年12月18日日曜日

パソコンが壊れちゃいました。

というわけでしばらくはモブログになります。
また、ケータイからレスをつけられないので、コメントへのお返事はとても遅くなってしまいます。コメント欄を閉じることもできないので(どんなブログだ?)ここでお詫び申し上げます。

〉闘病中さん
コメントありがとうございます。
ももはすっかり元気ですよ(^_^)
セレニア、副作用がひどくなる日にはもう一錠を追加で飲ませてみようかなと思ってます。

2011年12月12日月曜日

身体検査で病院へ

昨夜からのももの様子ですが、見事な血便をしました。イチゴジャムみたいに赤いの~。これが2回くらい。下痢は今日の午後まで続きましたが、現在止まっています。
食欲は本日(12日)朝から完全復活。くれくれが炸裂していましたが、朝はまだ油断できないので、dbfの缶詰半分を食べさせてから病院へ行きました。もちろん完食。

病院では血液検査(CBC)をしました。熱は38.1度。体重は多分10.?キロ。前回のような激やせはありませんでした。どうせ食べられなくなるから、と詰め込んでおいて正解。

検査の結果、骨髄抑制がかかり、白血球数が3500?うち好中球が2700??とまあ、今回抗がん剤(エンドキサン)を渡して、検査なしで飲ませるのにはちょっと気がかりな数字だ、ということで、土曜日にもう一度血液検査をした後で、エンドキサンを予定どおりのませるか、やめるか決める(四国の先生の指示を頂く)ことになりました。

1週間前に1000を超えて振り切れた肝臓の酵素ALTでございますが、見事278まで下がりました。
ウルソのおかげです、、、、なわけないと思います(笑)。あのフードを食べさせないでオール手作りとデビフ缶の総合栄養食タイプのもので頑張りましたので、肝臓に負担がかからなかったのでしょう。
でも、ウルソは切りたくないそうなので、一応いただくことにしました。
でもさーげろげろももちゃんだったから、2日半、薬飲めてないんだよね~。ウルソ関係ないと思うのよ。。。
とぶつくさ言っておりますが、ももの肝臓は抗がん剤にも負けずに元気にしています。
まだまだ全然大丈夫(*^_^*)

血液検査の結果の紙をもらってこなかったので、次回もらったらちゃんと数字を書き込みますが、概ねよい感じでした。

腫瘍は脇のしこりだけが5ミリほど、まだ残っている状態で、次々回のミトキサントロンに期待しています(ドキソルビシンに慣れても、ミトキサントロンは初めての薬だから効果が大きいはず)。
また、5ミリ程度のしこりがあっても、今程度に元気に体調が維持できるのであれば私は満足なのです。

リンパ節の大きさは顎下左右1.2センチ、左右膝窩0.5センチ、左右前両脇0.5センチです。
顎の下は再燃前は1.5センチでした(汗、膝窩リンパは再燃前と変わらず、なので両脇だけが消えてくれれば、ひとまずよいのですが。。。

金町のイルミでしよ~。
ちょっと耳と顔が緊張してます。
写真は病院が終わってからのもも。今日はイルミネーションをみる、といつもと違うところから横断。マルエツ横の道をてちてちと歩きました。フセをしたところをノーファインダーで。
ちゃんと撮るためには道に寝転ばないとムリなので、ちと残念な写真になりました。
それにしても優秀なレンズだわー。
ここからまわってスタバへ。
あら、どうしたわけか、テラス席に落ち着こうとしません。ももは・・・
お店の自動ドア目指して突撃。

「ママ、外は寒いからお店の中でキッシュを食べましょうよ」

「ももちゃん、犬はお店の中に入れないのよ」


「・・・」


隣にはビル入り口があります。ビル入り口に向かって進むもも。

「ママ、この戸からなら入れるよ♪」


「ももちゃん、犬は(以下略)」


その隣にはサンクスがあります。また自動ドアに向かうもも

「ママ、ここなら平気だよね♪肉まんがおいしいんだよね♪♪」

「ももちゃん、犬は(以下略)」



「あたち、犬じゃなーーーーーーーい!!!!


ももだもん(T_T)」


とすっかりぐれて、キャリーにも入らなかったので、家のそばのコンビニでプリンを買って帰りました。もちろん、生クリームとプリンをもらってご機嫌です。空き容器も堪能していました。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
「もも頑張れ」と、ぽちっとよろしくお願いします。

2011年12月11日日曜日

ももの様子(12月10日夜から12月11日)

昨日、仕事先からメール投稿でエントリーしたあと、家に戻ったのが夜8時頃。
いつもはドアを開けると同時に飛び出してくるのに、それはなし。
玄関にも姿はみえず。
きっと2階で寝ているのだろうと2階へ行くと、やっぱり。。。
お気に入りの枕の上にピーピーなる樽と一緒に寝ている(笑)
が、違うのはふるふると震えていること。やっぱり手足は氷のよう。
すぐにストーブをつけて部屋を温め、マッサージ(自己流)をしたあと、抱っこして布団に一緒にもぐりこみました。
温かくて楽になったようで、夜中には這い出して布団の上でお休み。震えも止まっていました。
ストーブはつけっぱ。電気代もったいないけど仕方ないよね。。。
晩御飯はもちろん食べず。
タール状の便をしていました(1回だけ)。

11日、少し元気を取り戻しましたが、まだ食欲はなし。便はなし(食べてないから)。
お昼に計った心拍数は103から104、呼吸数は21。
ごろんをさせて心拍数を聞くのを嫌がらなくなったので、からだは楽になったのでしょう。
食欲なし。トイレには自分でいきます。とことこと階段を下りて、上って。。。
えらいね、もも。
あとはご飯が食べられるようになるといいんだけど、まだ食べたくない模様です。
今夜からお薬も再開しよう。

腫瘍ですが、右脇(背中からみて)に5ミリ程度、左脇(同)は消失しました。わずか数ミリ。
全部消えてくれないけれど、ゆっくりすぎるけれど、一応小さくはなっているのでよしとしなくては、です。

20:00 追記 食べ始めました!
飼い主、おなかが空いたので、もも用に炊いてあった鶏肉を流用してカレーを作って、食べ始めたら、ドドドドっという音とともにももが駆け下りてきました。で、カレーの中に入っていた鶏肉3切れほどを与えると、ぱくぱくと食べ、水を飲み、満足したようなしないような顔をして玄関先でこちらの様子を見ています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
ぽちっとよろしくお願いします。ももが元気になります。

2011年12月10日土曜日

来たよきたよ(;_;)

コメントのお返事後程します。ケータイから書き込めないもんで(T^T)
心拍数毎分147!
頑張れ、ももの心臓!
これじゃ動けないよね。散歩厳禁です。
3500円もする体温計誤作動して計れません。さすが○国製。
イライラが募る私です(`m´#)
しこりはとても小さくなりましたが、まだ触れます。5ミリあるかないかくらい。
こんなにつらい副作用に耐えているんだから無くなってほしい。。。
こぎママ@ケータイ

2011年12月9日金曜日

セレニアvsドキソルビシン

ドキソルビシンの副反応の勝ち(T_T)
昨夜、吐いた形跡が4箇所ほど・・・しかも申し訳なく思ったらしく、ももはエアコンのついていない1階で寝ていました(爆睡していて起きて初めて気づいた私)。
呼び戻したら上がってきましたので、階段は上れるのね、と安堵しました。
顔はよだれまみれ(粘度高し)。拭いてやってもだらだらとよだれがでてきます。
心拍数・呼吸数は異常なし。体温は朝時間がなくて計測できず。
ただ、心拍数を聞こうとゴロンさせても嫌がって身体を起こしてしまうので、気持ちが悪かったのでしょう。押さえつけて測りました。

セレニアは24時間効果が持続する、ということですが、我が家の場合、抗がん剤(ドキソルビシン)だと24時間はもたないみたいです。朝は吐いてしまってはいけないので、与えませんでした。まだ気持ちが悪いようで、大好きな菓子パンを見せびらかしても近寄ってきません。
とこのエントリーを書いていたら、また嘔吐。。。。

顔はげっそりしていて、飼い主がみてもよい状態ではないので、写真の撮影は控えさせていただきます<(_ _)>


ちゃんと薬を飲ませていても抗がん剤にまけてしまうんだよねぇ。可哀想に。
あんなに何でもぱくぱく食べていたのにたった一晩で体調が豹変してしまうのは何度経験しても慣れることができません。

医者に連れて行ってセレニアを静脈注射してもらうこともできるのですが、注射のときに沁みるのだそうです。。。もう吐いているし、明日には止まるはずだからそれを待つことにします。

下痢もしました。やれやれ。。。暗いので血便だったかどうかはわかりません(敷地内の砂利が敷いてあるところにしたので、採集できず)。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
嘔吐と下痢で息絶え絶えのももにポチっとよろしくお願いします。回復が早まります。

2011年12月7日水曜日

あちょんでほしいの

呼吸数計測ちうのもも。樽型のおもちゃはももママさんからいただいたもので、お誕生日に下ろしました。
移動するときにはくわえて持って歩いてます。
これは自分のそばに置いて寝ているところです。
うしさんはお役御免となりました。

エントリーにたくさんコメントありがとうございます。
ちょっと返信遅れます。
なぜならメルマガ入稿期限が今日なのです。
今日入らないとまぐまぐから入稿されてないですよ、とメールがきます。怖いです。

2011年12月6日火曜日

無理やり治療してもらう

本日ももの治療。血液検査の結果がよくなくて延期するかどうか、ギリギリのラインでしたが、こちらからお願いしてやってもらいました。

今日はドキソルビシンの2回目の投与予定日。午前中に行ったけれど、珍しく予約が多くて結構待ちました。
体重は前回よりさらに増えて10.7キロ。9.8キロからは1キロ弱増えました。まずはよかった。
そしてお預けして胸部超音波(心エコー)と血液検査。

心配された心臓ですが44%から40%で動いているので、大丈夫。
心拍数もおとといくらいから普通に戻っています。不思議です。
ところが血液が大変なことに\(~o~)/
白血球は4700(↓)、好中球は3500ですが、これは機械による血球計算の結果だそうで、顕微鏡をみながら手計算すると(数える)、2500くらいしかないということでした。
また、総たんぱくは7.4(↑)とやや高め(脱水気味?)、血小板は149(↓)、ALTは1000を超えて振り切れました~(17から78が基準値。もも的基準値でも300以内)。どっひゃーです。ウルソが追加されたことは言うまでもありません。。。
腎臓や電解質バランスは問題なし。ももの肝臓、本当にコントロールが難しいです。
先生(今日も副院長先生)は、「ウルソを切って抗がん剤などの影響がでたのではないか」とおっしゃっていましたが、私としてはこの10日間ほど、忙しさにかまけて実に手抜きなフード+トッピング(デビフ缶)で済ませてしまっていたのが敗因かと思われるのですが、、、。
だって、あのフード(名前はいえない)、この前使ったときもいっきにALTが700を超えたんだもん。。。

ということで、「好中球の実数が2500では危険があるかもしれないので、数日延期して投与したほうがいいのではないですか?」と副院長先生は勧めてくださったのですが、私のほうから「今日やってください」とお願いしました。
なぜかというと、、、
おとといからももの顔つきが変わったからです。
どんなふうに変わったかというと、目の上のところの肉が落ちてきました。
おそらく、またリンパ腫の細胞が暴走を始めるところではないか、と思いました。
下手に投与間隔をあけて、腫瘍を大きくすることは避けたかったので、先生に「ももの顔がやばいカンジなんです、目の上のお肉が落ちてしまって。体重は増えているけど、先週のほうがいい顔でした」と申し上げました。先生も「顔だけ小さい(太ってこない)んですよね。。。」とやはり違和感を持たれていたようです。

ここで、共通の認識として「がん性悪液質」があります。がん性悪液質とは、がんのために栄養が取れなくなり、痩せてくる状態をいいます。この状態に陥らせないようにするために、食事を高カロリーにしたり低炭水化物にしてがんに栄養を取られるのを防ぐのです。
その特徴が「顔」です。目の上の肉が落ち、頭がとがって三角形になります。これの予兆ともいえる、顔の変化がちょっとだけですが見えたのです。
なので、「最近は好中球1500でもやるそうなので、お願いします。」といって抗がん治療をしていただきました。

とりあえず無事投与は終わり、家でくつろいでいます。
一番ひどくなる4日めは土曜日となり、家にいられるので、しっかりお世話できそうです。
また、心臓は頻脈が一番心配なのだそうで(四国の先生)、これもしっかり計測を続けることになりました。体温も。


☆本日のお会計☆
再診料 840円
入院料 3255円
血液検査 5145円
超音波  3675円
静脈留置針設置 2100円
アドリアシン 16800円ミトキサントロンはさらに5000円プラスだそうですよ(T_T)
注射1本 525円
内服6種類 3024円
内服1種類 1050円
セレニア5日分 1625円
合計 38039円



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
ぽちっとお願いします。肝酵素の数値が下がります<(_ _)>

2011年12月5日月曜日

0.8センチの憂鬱

皆様、ももにたくさんのおめでとうをありがとうございます!まだまだおめでとう受付中ですから(笑) 明日は久しぶりの抗がん剤治療で、ドキソルビシンの投与となります。 今日、電話で担当の先生とお話をして(本当は今日が治療の日でしたが、私の都合で明日にしました)、 明日はドキソルビシン、それ以降はミトキサントロンを使用しましょうということになりました。 0.8センチはももの右前脇にあるしこりの大きさです。8ミリ、形は蚊に刺されたような楕円形に膨れています(神経質に触らなければ、わからないくらい)。 この8ミリをなんとかしたい。。。 左前脇は5ミリ弱です。 ミトキサントロンはドキソルビシンと同じ系統の薬です。

2011年12月1日木曜日

お誕生日です♪

今日はももの7歳のお誕生日です。コメントやメールをいただきましてありがとうございます。
ももに代わってお礼を申し上げます。

リンパ腫の再燃治療中ではあるけれど、元気にこの日を迎えられて本当によかったです。

この1年は激闘の1年間でした。
去年の今頃、リンパ腫の疑いを持ったとき、もし本当にリンパ腫ならば桜をみることもできないだろう、と暗澹たる気持ちになったことが思い出されます。
でも、桜を見、暑い夏を乗り切り、誕生日を無事迎え、6日には発症1年になります。
ももは結構頑張っていると思います。
本当に病気で辛かったのは2月27日の発症から3月7日の第1回の抗がん剤投与まで。
その後は抗がん剤の副作用で、食べられない日があったものの、元気に散歩し、旅行やバスツアーも行き、なかなか充実した毎日を過ごせました。

次の目標は2012年(平成24年)3月19日のお迎え記念日です。
この日を無事元気に迎えられますよう、これからも応援よろしくお願いいたします。

☆今日のももの晩ご飯☆
フード+dbf(ささみとさつまいも)+ハーブ類もろもろ+フィッシュオイル
ホタテのクリームコロッケ(半額ゲット)半分。
スリーエフのケーキ(おいしい)ちょっと。

ホタテのクリームコロッケは大変おいしかったらしくワンワン吠えて催促。

現在はドキソルビシンとエンドキサン(サイクロフォスファミド)の投与で、小康状態を保っています。
ドキソルビシンはあと1回しか使えません。
このあとの治療がどうなるのかわかりませんが、なるべく身体の状態をよく保てるようなケアをみつけ、抗がん剤に負けないようにしてやりたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
また次の3ヶ月を目指すももと私にぽちっとよろしくお願いします。