ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2011年9月18日日曜日

JBVP

17日、セミナー1日め。ダンバー博士と鳥巣先生のセミナー受講。
ダンバー博士の話は、人と犬とがハッピーに生活するためのトレーニングの有益性というテーマだと思う(後半、鳥巣先生のセミナーとダブったので、全部を聞けなかった)。
いかに幼犬期のトレーニングが犬の性格形成において大切か、ということを繰り返し述べられていた、と思う。
鳥巣先生は「下痢と嘔吐」。おもしろくて獣医師が飼い主にどのような観察を求めているかがわかりました。ぼよよーんと見ていたり、パニック起こして舞い上がっている場合じゃないんでした。

フードの酸化・・・夏場に嘔吐でくる場合、いくつかのヒアリングの後、「フードを小さいパックに変えてください」というだけで、嘔吐が直る場合がある、というのにびっくりでした。
また、お薬を飲ませるときに口から胃への移動時間などものすごく興味深いお話が聞けました。

来た人だけが得をします~。1000円。当日1500円。

18日、竹村先生の腎臓とダンバー博士のセミナーを受講予定です。
朝早いけど頑張るぞー(*^。^*)

0 件のコメント:

コメントを投稿