ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2011年7月31日日曜日

気をつけることなど。

今日は涼しくて過ごしやすい1日でした。夕方少し湿気があったのが残念。
ももは元気にお散歩しました(*^_^*)

香川でお勉強してきたこと、第2弾。

その1
腫瘍を悪化させないためにはストレスになることを避けましょう、ということで、、、その筆頭に上げられたのがシャンプー。
犬にはシャンプーは大変なストレスになるので、可能な限り回数を減らしてほしいということでした。我が家には全く減らない魔法のシャンプーがあることを古くからのお友達はご存知のはず。なので、この話は深まりを見せずに終わってしまったのです。我が家は年に2回くらいしかお風呂にいれないの~。でも皮膚病知らずですよ。

その2
炭水化物に注意。これはつとに有名になってきていますが、どの程度与えるのか、について教えていただきました。
全く与えないとなると、脳への糖の供給がなくなるので(脳は糖しか利用できない)、多量に与えないように、ということでした。私は本村先生の本に書いてあった0~20%程度というのを参考にしています。
毎日与えるのではなく、少量(30gほど)をおじや状にして(すごくたくさんになりますww)、週のうち2日程度与えてます(肉や野菜も煮込みます)。
与えているサプリはフィッシュオイル・ビタミンEです、と説明しましたが、それらは問題ないので続けていいとのこと。
またメインの食材、うちは肉ですが、魚がよいということです(でも~、おいしい魚が手に入らないんざんす~。。。と心の声)。おいしい魚が手に入る地方の皆さんがうらやますぃ。
これが達成できないのよね。週1回は魚にしたいです。頑張ります。

その3
がんを元気にしない環境づくり。
リンパ腫では、「タバコの煙・高圧電線の側・農薬」この3つは気をつけなければならないものです。家族でタバコをすう人がいたら、タバコ部屋と犬のいる部屋は分ける、とか、農薬散布している場所へは行かない、とかできる範囲で気を配ってほしいということでした。

とまあ、こんな感じでした。
以上、香川遠征の報告でした~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 参考にしている本から炭水化物の量というか、肉・魚が半分~75%が好ましいという大雑把な割り合いで作っていますが、
    なーるほど! 人間と同じくブドウ糖が脳を目覚めさせるのですね。  メモメモ。
    タバコ。高圧電線、農薬についてはクリアーしてます。 よかった。。

    お風呂ですが、ちらりと読んだのでは(ワンコにストレスがかかりにくいんだって)にんにく風呂がよいとか。
    にんにくを少なめのお水から茹で、それをガーゼにいれてつぶす。
    鍋のにんにく汁と共にぬるめのお湯にいれる。 お湯の量は足が少しつかるだけでいいようです。
    ワンコをそこに入れて、洗面器などでお湯をすくってかけるそうです。 さっさと乾くのでちょっとしたタオルドライだけで、匂いはまったくつかないらしです。 まだ試していませんが、次回はためしてみます。

    返信削除
  2. >assoudaさん
    肉や魚を75%まで上げると、肝臓に負担がかかる場合もあるので、血液検査は必ず行ってくださいね。
    食べさせているものの状況を獣医師に説明しないと、無駄な肝臓のお薬を飲ませられることになります。
    ブドウ糖も普通のワンコさんだったら大丈夫。腫瘍患者にとっては量の制限が重要になります。

    お風呂、にんにく風呂、どこかで読んだわ~。
    これは何が狙いなのかしら。ニンニクで温まるのかな???血行がよくなるとかかしら。
    やってみて教えてください。
    腫瘍の犬には風呂はNGだけど、普通の子は月1くらいならよいのではないかなぁ。。。

    返信削除
  3. ご心配いただいてありがとうございました。
    30日に入院し、31日の明け方亡くなりました。
    あっという間のできごとで今だに信じられないのですが、そらがくれたたくさんの思い出を大切に、これから明るく前を向いて歩いていきます。
    ももちゃん、どうか病気に負けないで。
    こぎママさんもお体に気を付けて頑張ってくださいね♪

    返信削除
  4. >そらママさん
    あまりに早いです。信じられません。
    ママさんもまだ夢をみているような気持ちではないか、と思います。
    どうぞ、そら君とたくさんお話してください。
    もっともっとそら君のお話を聞きたかったです。
    無念でなりません。
    心からそら君のご冥福をお祈りいたします。

    ももと私はこれからも闘います。
    気持ちが落ち着かれましたら、またブログへも起こしくださいね。

    返信削除