ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2011年4月24日日曜日

抗がん治療7回目

23日(土曜日)は抗がん治療7回目の日でした(第2ターム2回目)。今日の血液検査の結果、前回低かった白血球は7900に増加、その中の好中球も5135に増加したので、無事に抗がん剤を使うことができました。ALTが106(参考正常値17-78)とやや高い以外何の問題もない立派な血液。なのでお預けして、ももは治療。私はmaggyさんと一緒に北小岩にあるがん封じのお寺に(これはまた後ほど書きます)お参りにいきました。

診察を待つもも。超退屈。
 そして午後3時、いつものように病院に電話。治療は無事に終わっていました。お迎えに行って、診察室に入ると、聞こえてくるのはすごい鼻泣き(ぴすぴすぴすぴす・・・・)。
ケージから出してもらってドアに突進、カリカリカリカリ。。。
待合室で笑われていたそうです(^_^;)
私は先生(昨日は副院長先生)とあんたの副反応についてお話しているのだ!>もも
治療後の経過観察・様子見中もすごく元気で、扉を開けるたびにケージから飛び出してバックヤードを走り回っていたそうです。すみません。。。

あと、体重が11.3キロに激増してました(ー_ー)!!2回も計りなおしてみたけれど、同じ結果。
1週間で500gも増えているとは。
「ステロイドを使っている子は食欲亢進の副作用があるから、増加することがありますけど・・・」
うちはステロイドは使っていません。・・・体重が減るよりはいいですよね、きっと。

今回使ったのはサイクロフォスファミド。主な副反応は無菌性出血性膀胱炎。水のみとトイレ管理がポイントです。朝晩のお散歩と、水分の多い食事を心がけますです。
骨髄抑制も出る可能性がある、ということで、先週のお薬がまた出ています。

☆今週のお薬☆
ウルソデオキシコール酸(肝臓用に)
ロイコン(白血球を作り出すお薬です)
飲ませるのは夜1回になりました。

☆来週のオンコビン☆
この副反応について相談しました。量を減らしてみる、薬を変えるという方法もあるそうですが、現在効果が得られているので、変更などはちょっと?ということ。量を変える方法については、私が、治療初期で元気で体力があるうちにギリギリの量まで使ってがんを叩いたほうがいいのかなぁ、、、と素人なりに思ったので、とりあえず抗がん治療の曜日を1日ずらして日曜日(5月1日)にしてもらうと、3日から連休になって、ももの観察&お世話ができるので、とりあえずそのまま継続でやってみることに。。。
☆☆今のももへの使用量はMAXです。使用量にも幅が設けられていて、ももの場合、5.5(単位忘れた。。。)/㎡(体の表面積あたり使用量)~7/㎡で、7です。

副反応も、1日くらいの嘔吐・下痢や脱毛だったら、ガンを叩くほうが優先されるんだよね。私にも異論はもちろんありません。抗がん治療はやっぱり戦いだね。

☆本日の治療費☆
再診料 840円
入院料 3255円
血液検査 5145円
静脈留置針設置 2100円
皮下点滴+注射 2100円
エンドキサン(抗がん剤) 3000円
内服薬8日分    3696円
合計  20,136円

2 件のコメント:

  1. どん!!カリカリカリカリ!ひんひんひんひん~~(繰り返す)

    さて何でしょう?待合室でクスクスと笑いが(笑)

    ももちゃん、血液検査の結果、立派だ~
    うちよりもいいかも。
    昨日はずいぶん元気そうだったし大きくなってたし、この調子で行きたいですね!

    返信削除
  2. >maggyさん
    誰でしょうね~いったい。恥ずかしいわ~、全く。
    病院では私の声が聞こえると奥からピスピスピスヒンヒンヒンヒン(まま~ももかえる~まま~)と言い出すようになってますよ。
    血液検査の結果だけを見ると、まるで健康体みたいに見えるよね。そろそろちゃんと散歩して体力回復をさせようと思ってます。

    返信削除