ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2011年4月9日土曜日

抗がん治療6回目 第2ターム開始 アクシデントつき

今日はももの抗がん治療6回目。
病院へ行く。学習しない私はまたも10時ギリギリ。今日はまた一段と混んでいたけれど、先に呼んでもらえた(だよね~、治療に時間かかるんだから;;;スミマセン)

まずは血液検査
RBC(赤血球)は551に微増し、無事に参考正常値内(550~850)に。総たんぱくも、6.6(前回7.2)。
肝臓のALTは152で少し増えちゃったけど(前回102)、問題ないでしょうということです。
血小板も594
ALPを一ヶ月ぶりにチェックしたところ、117(正常値47~254)でした。前回は文字通り桁違いの数字だった(2300だったかな→3200でした)ので、一安心です。
腎臓のほうはナトリウム値が高めで157(141~152)。そりゃーバターやらドレッシングやらニラレバ炒め(しかもコンビニ飯)を食べてるからねぇ。。。今週は調子がよさそうならバターの量も減らそう。反省

お預けして抗がん剤治療。こちらも問題なくできて急変などもなし。。。
今回はオンコビンです。

そしてお会計を済ませ、外にでたとき、アクシデント発覚!
元気に歩いて、、、歩くはずなのに、左肩を落としてひょこ、ひょこっと歩いています。自分でも「?」と思ったんでしょう、怪訝な顔をしています。もう一度歩かせても、ひょこ、ひょこ。

病院へ引き返して「歩き方がおかしいんです」といって、診察室へすぐに入れてもらいチェック。
病院で歩いても、おかしいので、先生も「変ですね」といって肩や肘を調べてくれました。
稼動はしているし、ヒャンとか言わないので骨折ではない模様。
おそらく、保定したときに力が入りすぎて、ももの前足の筋がどうかしたのではないか、ということで、レーザーをかけて様子をみることになりました。
(おかしくなった足は本日注射をしたほうの足です。)
明日もあまりおかしかったらレーザーをかけにきてください、といわれました。
家では暖めるのがいいそうです。

今のところ、室内では普通に歩いているように見えますが、、、、どうなんだろう。

心配の種が増えちゃったじゃん。。。明日また書きます。

今日は晩御飯を完食
じゃがいも・まいたけ・トマト・菜の花・粉チーズをスクランブル・エッグにしたものと豚生肉80g

☆本日の治療費など☆
再診料 840円
入院料 3255円
血液検査 5670円
静脈留置針設置 2100円
注射1本 525円
オンコビン 9240円
内服薬 2793円
デビフ缶3つ 630円
i/d缶 2つ 878円

25,931円

デビフ缶はフードへトッピング用
i/d缶は前タームではオンコビンを使ったときに2回とも2日めに嘔吐の副作用が出ているので、少しでも消化がよいものを、と思って購入。明日の夜から食べさせる予定です。

ももの足が治りますように~!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿