ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2011年3月26日土曜日

抗がん治療4回目

3月26日(土)は、 ももの抗がん治療4回目でした。
早起きしてのんびりコーヒーなど飲んで、ももにご飯を食べさせて投薬していたら、結局遅くなってしまい、いつものとおり10時ギリギリに病院に駆け込みました。

まずはいつものとおりに体重を計ったあと、血液検査。おくへ連れていかれそうになるとぴーぴーとないて、「あ、あたち、もう体重もちょっと増えたし、すごくいっぱい歩けるし、ご飯も食べられるから元気なんです。ママとおうちにかえります!!!!\(~o~)/」と大騒ぎするももを預けひとまず待つ(笑)預けてしまえば静かなんですよ。

呼ばれて血液検査の結果を伺いました。病院にいく前は歯茎も舌もまだ白っぽいからどうかなぁと心配していましたが、貧血も改善されていて、ほぼいい状態になってました。あとは赤血球が532(基準値は550~850)、ほんのちょっと増えてくれればいいだけ。白血球も前回3700と低かった(副反応で骨髄抑制がでたため)のが6300に上がって基準値内に入りました。血小板が今回減っていて373(基準値は200~900)。基準値内ではあるもののこれ以上減らないでほしいなぁと思いました。
今回はもうひとつ心臓の収縮率をみるためにエコーをかけましたが、これも異常なし。
今回も抗がん治療ができました。飲み薬では、ステロイド剤が順調に減って、0.5ミリグラム。
予定どおりなら来週にはステロイドはなくなります

4回目は初めて使う薬。ドキソルビン(商品名アドリアシン)です。
非常に心毒性が強く、治療自体うまくいっていても心臓が傷害されて亡くなってしまう子もいるようです(これは私がネットで調べました)。→なので、心臓エコーをとります。これはこの薬を使うときは毎回だそうです。
お迎えのときに、「病院で一度おしっこはしてくれました。お薬の色が赤いのですが、そういう尿が続くときはお知らせください」といわれました。幸い病院をでてすぐにしたおしっこは普通の色。よかったよかった。。。

ドキソルビシンの副反応・・・心筋障害・骨髄抑制・出血性大腸炎・嘔吐・腎障害・アナフィラキシー・肝障害・発熱・脱毛など。 などって何?などって(ー_ー)!!

一番心配していたこの薬も副反応はでず、ひとまず1クールが終わりました。来週は抗がん治療はお休みで血液検査のみ。3月27日20:22追記、この薬、3日から6日ころにもっとも副反応が出るようです(T_T)、重篤なものでないといいんだけどなぁ。。。

副反応といえば、どのお薬のせいかはわかりませんが、もものひげがしょぼくなってます。あざらしももちゃんじゃ無くなってしまいました。

ももが点滴しているあいだ、先生とAHTのWさんとももで語り合っていたそうですよ。ちょっと話を聞いてみたいです。ママの悪口じゃないといいんだけど(笑)女子会、私も参加したかった。
Wさんはももと1時間も握手していてくださったそうです。動かさないためです。お手数かけます。感謝感謝です。

☆今日の治療費☆
再診料 840円
入院料 3255円
血液検査 5145円
胸部超音波 3675円
静脈点滴 5250円
アドリアシン 16800円
オフサロン点眼薬 850円(毎年恒例、花粉で左目から涙が出ているのでもらいました)
内服薬 5種類 3157円

合計38,972円

2 件のコメント:

  1. ももちゃん、お薬の副作用が軽くすみますように。
    頑張ったらまたご褒美で、美味しい物送ってあげるからね。ガンバレ

    返信削除
  2. >ももみさん
    ありがと~♪もも、ちゃんとお薬飲んでいい子にするから、おいちいドーナッツおくってね~~やくそくよヽ(^o^)丿(も)
    薬を入れた直後じゃなくて、翌日や翌々日から出てきて、週末にはまた復活している、というパターンみたいですね。この薬で一巡なので、ももの副作用についてもまとめたいと思います。。。おいしいもの、ももと一緒に待ってますからよろしくお願いします^m^

    返信削除