ようこそ!

このブログは、コーギーもも(2004.12.4~2012.4.2、7歳4ヶ月1日)の闘病記録です。同じ病気で苦しむ犬とその飼い主さんに、何か参考になれば幸いです。

2014年2月28日金曜日

ちょこさんとデートヽ(*´∀`)ノ

今日はちょこさん&ちょこぽんさんと幕張ででえとしました。 ちょこさん、今度は私を覚えていてくれたようで、3吠えで吠えやみました♪

きょうはとってもご機嫌さん。誰か来てたのかな?

写真でもわかるとおり、顔色もすこぶるよく、すごく調子がよさそう。
腫瘍も以前四国で診ていただいたときよりも小さくなっていて、しかもがんセンターでの診たてでは、腫瘍内部が石灰化している可能性があるかも、ということで、現在はクロラムブシルも3日に1回、2分の1錠の服用で済んでいるとのことです。 

ちょこぽんさんとも話しましたが、ももが闘病を始めた頃には、消化器型リンパ腫は絶対に悪性、もって6ヶ月、、、と言われていましたが、高分化型の消化器型リンパ腫との診断がくだされる犬も増えてきたし、薬に関してもちょこさんが闘病開始して手探りでたどりついた(こういう薬があるけど使ってみる?的な感じで使い始めた)クロラムブシルも今は治療のはじめの方から使われつつあるようです。
余命宣告から2年もつのは実質5パーセントいない、という感じだった3,4年前とは随分様子も変わってきました。

それからサプリや薬のことなど。極力少なく、合うものだけ。何度も書きますが、過度にサプリを与えるのは却って犬に(人でも)負担をかけます。
肝臓の数値のことも。むかしは私自身ALP400とかって聞いたらすぐに肝臓サポート、って思っていたけれど、なんの原因もなく、肝酵素だけが高い場合、多くは食事を変えることで下げることができる、、、と思うに至った話とか。。。
ちょこさんのダイエットの話とか。。。自分たちのことは全くの棚上げだったのは言うまでもありません。あ、グリーンスムージーの話はしたわ~。

今日も有意義で示唆に富む話がたくさんでき、楽しい時間を過ごせました。
写真ももちろんバシバシ撮りました。


血液のがんには化学療法はとても有効なので、ぜひ信頼できる獣医師のもとで治療を行ってください。
化学療法はパーフェクトではないし、有効期間つきではあるけれど、確実にリンパ腫にかかってしまった犬と飼い主さんとの幸せな日々をもたらしてくれます。

 あとはワンコのマーキングについて。この公園は ちょこさんにとって、まったくアウェイで、非常に緊張していたようで、マーキングを全然しませんでした。近所では上書きするらしいです。 女の子からのお手紙もあったようですが、たくさん匂い嗅ぎをするも(戻って嗅いでた)、お手紙出さず。ちょこさん、次回は頑張ろう(笑)

幕張の海岸
それにしても、今日は初夏かと思うほど暑かった~!!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2014年1月6日月曜日

解凍方法に悩む(ーー;)

安い缶詰か、すごく安い缶詰しか日頃は食べさせられていないくうちゃんにも、お正月はやってきました。

暮れも押し詰まったある日、POCHIさんからのDMを読んでいると、「福箱」のご案内が。最近は猫のフードも充実しているようで、しかも犬のに比べてお安いの(やっぱそこだよ)。
お正月くらいは贅沢させてやってもいいんじゃないかなぁ、、、と頼んでみました、福箱。
そしてやってきました。福箱。


ちゃんと、デジイチで撮影したんだよ。生肉と骨のすり身とか、なんだか色々。

でも全部冷凍(当たり前だけど)。解凍にトライ。

最初は冷蔵庫に移して解凍。

何時間待っても全然融けないよ。シャーベット状にもならないし~。。。

部屋の中で自然解凍するのはドリップ(解凍するときに出る汁。雑菌の宝庫と化す可能性大)が出て危険なので、結局、フタを外してラップをかけ、電子レンジの弱(170ワット)でチン。

まあ、いちおうは溶けたけど、冷たいの。猫は冷たい肉は食べないんだっつーの。
でも加熱したら、中に入っている骨は固くなっちゃうし、生肉を与える意味がないんだわ。。。

仕方ないからさらにレンジで加熱(笑)。外側にうっすら熱がとおって、色が変わり始めるあたりでレンジから取り出してみたら、、今度は柔らかくなっていて、冷たいのも真ん中だけ、ほかは普通の生肉程度の温度(手で触ってみたカンジ)。

こうして無事、お高いフードはくうちゃんに与えられたのでした。くうちゃんは何度も匂いをかいで確認しつつ食べ終えました。猫は初めての食べ物は警戒するから、仕方ないですね。



無理やり商品と撮影しようとしましたが、ブログネタなどになるのは嫌だそうで、ひとつもいい写真が撮れません。

これは猫としては非常に正しい姿勢なのですが、読者と飼い主へのサービス精神も今年は身につけてほしいと願う母なのでした。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村

2014年1月3日金曜日

愛犬にリンパ腫疑惑が浮上した飼い主がまずやらなければいけないたった1つのこと

愛犬の喉を撫でてやったら、前足の付け根を撫でてやったら、妙なぐりぐりがあった。。。
そのぐりぐりは柔らかくビー玉大で、少し動く。犬は元気で食欲もある。

きっとあなた(飼い主さん)は、パソコンを立ち上げ、「犬 しこり 喉」と入れて検索するでしょう。あるいは教えてgooとか、yahoo知恵袋などに「教えてください」と書き込むかもしれません。

そこで目にしたのは「リンパ腫かもしれない、一刻も早く病院へ」という回答だったとします。
または「歯が悪くても細菌が入って、リンパ節が腫れることもあります」という回答もあるかもしれません。

とりあえず、病院に行ったほうがよさそうだ、と判断したあなた。

行くのはいつものお医者さんではいけません。

腫瘍専門医(できれば第1種の先生)がいらっしゃる動物病院に行ってください。

そんなに違うの?

まず検査の詳しさが違います。費用もかかりますが、遺伝子レベルまで診断をしてくれます。
もものときは最新だったチミジンキナーゼ活性もいまじゃ基本の検査の範疇です。
それからリンパ腫のタイプも非常に細分化しており、ももが治療を始めた頃の多中心型か消化器型、多中心型なら1年から1年半、消化器型なら6ヶ月というのはすでに過去の話。
今は様々な薬剤を使うことでかなり生存率が上がっているように思えます(皆さんのブログを読むと)。
治療が開始されても、普通はCOPプロトコルかUW25プロトコルの選択、再燃したらロムスチンとステロイド。元気な末期患者は打つ手もなくなります(これは人間も同じだね)。
専門医のところには多様な抗がん剤あるいは抗がん剤と同等の働きをする薬が常備されている確率が高く、入手経路も確保されていますので、法外な値段を払って、犬が死んだあとまで飲み続けるのか?というくらいの量の抗がん剤を個人負担で輸入しなくて済みます。また、飼い主が決断するまで「治療」を行うことが可能です。

その他、熟練した腫瘍専門医ならその個体にあわせて薬の量を調整してくれたりします。無駄な副作用で衰弱しなくて済む可能性が高くなります。

・・・ということで、腫瘍専門医をまず一番に受診することが、飼い主の責務です。

獣医腫瘍科認定医の一覧はこちら。(現在の取得者っていうところです)




にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村おしゅしゅめよ~、しゅようせんもんい。

2014年1月2日木曜日

あけましておめでとうございます

2014年、闘病中のわんこと飼い主様によいことがたくさん起こりますように!
ももは、影を潜めておりましたが、私がやっとこさ休みに入って気持ちに余裕ができたせいか、年末にちょっとやってきました(というか感じ取る余裕ができた)。
お布団に座って一緒に寝ていたようです。
あとは、激しい音(雑誌などが落ちた時みたいな)を一度たてて存在をアピールしてました。
子犬欲しくなってきましたが、相変わらずの貧乏暇なしなので、深夜にたまに
会うタムちゃんというコーギーとの触れ合いを楽しんでます。
ぶちなの!ボディが。2歳くらいなんだけど、ぴょんぴょんえへえへと飛びついてくれるのがとってもかわいいんです。あぁ、たまらん。

さて、年頭だから、やっぱり抱負を書いておこうと思います。
1 写真を頑張ります!犬写真だけじゃなくて、風景なども撮影したいです。そのうちミニミニ写真展でもできたらいいな~、とこれは野望ですね。ワンコ写真は今年はまた積極的に撮っていきたいなぁと思ってます。

2 犬猫の栄養ホームページも作りかけて放り出しているのを完成させます。やめたんじゃないのよ、ペット栄養管理士として営業します。日本唯一の独立系ペット栄養管理士でございます。
ただ、日々集中力がなくなってパソコンの前に座り続けられなくなっているんです~。

3 家計簿もつけます。
収入は増えたんだけど、忙しすぎて3食全部外食になっちゃってるので、支出も倍増してしまって。。。それでは意味ないので、少しは残さないと。スマホのアプリでDr.ウォレットというのがあって、昨年末3ヶ月つけてみたんだけど、素晴らしいアプリです。
家計簿挫折しちゃうかた一緒にいかがですか?

写真は2014年1月1日のくうちゃんです。全くフォトジェニッ子ではないので、加工しまくり。

2月14日に14歳になります。まだまだ若々しいです。やっすい缶詰しか食べてないんだけどなぁ。。。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

2013年11月3日日曜日

うふふ。。。

昨日(11月1日:金曜日)、とっても可愛いチョコさんとちょこぽんさんにお会いしましたー。
花背負って登場のちょこさん。


去年の11月に会って以来なのでほぼ1年ぶり。話が盛り上がって、楽しいこと楽しいこと(*^_^*)

幕張のアウトレットでランチ。食べたのはこちら。ピスタッキオ。ご飯、ボリュームがあって、とてもおいしいです。コーヒーとパンはお代わり自由です。平日ランチがお得♪


テラス席に陣取りましたが、快晴で暑いくらい。写真は前菜のお肉(ポーク)に釘付けのちょこさん。

最初は私のことを警戒していましたが、だんだん思い出してくれたようで(チーズの力はもちろん借りました)、どんどんいいお顔を見せてくれるようになりました。

話が楽しすぎて、食事のときのお写真はこれだけ。

その後お散歩しましょうということで、のんびりと海浜公園と、浜辺でお散歩しました。

いやー広いですね。たくさんモデルもやってもらっちゃいましたよ。

前回は西郷山でアウェイを感じ取ったのか、15分くらいで散歩終了になりましたが、今回は途中からスイッチが入ったようで、たくさん歩くし、走るし、すごーく犬っぽいちょこさんを堪能できました。







考え事をするちょこさん


いっぱい走って満足なちょこさん。

今、ちょこさんの病状はとても安定していて、こんなに走ったり飛んだり?できます。
この日がいつまでも続き、また一緒に楽しくお散歩できることを心から願ってます。

ちょこぽんさん、楽しい1日をありがとうございました。
ちょこさん、おばちゃんのこと覚えておいてね\(~o~)/

素敵なプレゼントもいただいたので、また改めて紹介しますねー(写真撮ってから紹介します)。

2013年10月29日火曜日

ちょっとおとなっぽくなりました(*^_^*)

ずーーーっと続きを書かなくちゃ、と思っていたエントリー。
そう、あのほやほやしていた子たち、3ヶ月をすぎ、かわいい盛りです。

女の子1頭はお迎え先が決まったそうです。

最近の写真を送ってもらったので、ご紹介。

女の子2頭

こっちを向いている2頭が男の子

右2頭が男の子、左2頭が女の子

大きくってしっかりしているカンジですね~。コーギースマイル全開でございます。
この子たちと暮らしてみたいかた、募集してますよん。
コーギーはお留守番が得意だし、遊ぶのもお勉強も大好きです。
共働きだとか、シングルだとか、あまり気にせずお問い合わせください、とのことです(飼い主様よりの伝言です)。

興味ある方は、コメント欄にコメントください(非公開です)。飼い主様に責任をもってお伝えいたします。

・・・・・

写真ブログ(やってるのよー、気持ちのうえでは)、実に久しぶりに更新しました。
こっちもみてね→こちら